文京区弥生は、東京大学の農学部・工学部があり、学生や関連施設で働く人に行き交うことも多い街です。

治安が良く、落ち着いた住宅街があり、教育環境の点でも注目されています。

小学生の学力がとても高く、エリートが集まる街というイメージがあるのではないでしょうか。

そんな弥生の治安や住みやすさについて紹介しましょう。

1. 弥生の治安情報

文京区の犯罪数は、23区中で最も少なく治安が良いことで知られています。

文京の名の通り、東京大学をはじめとした有名大学や、病院、研究機関などが集まっており、優秀な人材が集まっていること、近代日本の発祥の地とも言えるステイタスがあるエリアです。

中でも弥生は、弥生式土器発掘の地であり、東京大学農学部・工学部の敷地の面積が多くを占めている街です。

遺跡と本郷キャンパスとの間、根津駅の周辺、根津神社の西側などの住宅街は面積が限られており、アカデミック色が濃い地域になっています。

1-1. 犯罪件数

警視庁がまとめた平成29年の統計によると、弥生1丁目、弥生2丁目で起こった犯罪件数は8件でした。

内訳は…

  • 凶悪犯0件
  • 粗暴犯1件
  • 侵入窃盗0件
  • 非侵入窃盗6件
  • その他1件

1年間で8件という犯罪数そのものが、驚異的な少なさです。

非侵入窃盗6件の内訳は、自転車窃盗が5件、その他1件となっています。

平成30年11月現在の犯罪発生件数は12件です。

もともと事件発生数が少ないところに、侵入窃盗事件が2件起きていたため増えているように感じますが、20件まで到達することはないでしょう。

1-2. 犯罪発生率

人口1,000人あたりの犯罪数は4.06件です。

住民基本台帳による平成29年の弥生の人口1,970人に対して、犯罪件数8件で計算した数字です。

23区の中でも多いところは、人口1,000人あたりの犯罪率が30件に及ぶところがあることを考えると、人口に対しての犯罪率そのものも低いといえます。

1-3. 外国人居住数

平成30年12月1日現在の外国人居住者数は、弥生1丁目28人(6.3%)、弥生2丁目100人(6.5%)です。

文京区に住む外国人の割合が4.5%というのは、全国での割合1.8%、東京都の割合3.82%というものと比べて高いものですが、弥生はさらに高い割り合いになっています。

東京大学の敷地、東京大学の宿舎を含んでいることから、学生や研究者として来日している外国人が弥生、文京区の外国人率を高めていると思われます。

2. 弥生の住みやすさ情報

弥生は、東京大学の敷地を含んでいることが特徴的です。

文京区は地味だと言われますが、弥生はレジャースポットもなく落ち着いたアカデミックな雰囲気があり、治安の良さが魅力です。

山手線の内側ということで、都内のどこへ行くにも移動距離が短いということでも便利な街です。

最寄りに東京メトロ千代田線の根津駅、東京メトロ南北線の東大前駅に挟まれる立地のため、都内への通勤もしやすい位置にあります。

東京大学などの学生や、周辺の研究機関に勤める人はもちろん、都内に通勤する人にとっても暮らしやすい街です。

2-1. 住民層

学生の宿舎や一人暮らし向けのマンションに住む人、大学や附属病院などを含めた関係機関に勤める人、弥生以外に通勤している人など、色々な人がいます。

東京大学の近くということもあり、アカデミックな属性の方が多くなっています。

土地が狭く、物件数も限られてしまう街ですから、一人暮らしの学生か、高級物件に住むことができる高収入のファミリーが多い印象でしょう。

2-2. 家賃、物価相場

弥生は、文京区の中でも面積が狭く人口も少ない地域です。

利便性が高く、治安が良いため人気はあるものの、物件の絶対数が多くないため、自分の希望にあう物件を探すのに苦労したという方も多いようです。

1Kの家賃相場が9~10万円程度、2LDK以上になると20万円を超す物件も増えてきます。

2-3. 交通アクセス

東京メトロ千代田線「根津駅」、東京メトロ南北線「東大前駅」が最寄り駅になります。

東京大学の敷地を超えて、「本郷3丁目」に出ると東京メトロ丸の内線や都営大江戸線を使うことができます。

西側の都道301号に出ると、都営三田線「白山駅」にも出ることができます。

東京メトロ千代田線「根津駅」からは、大手町駅まで6分、表参道駅まで20分です。

六義園方面に行くには、日本医科大学前から文京区のコミュニティバス「ビーグル」を利用すると便利です。

2-4. 買い物(スーパー)、ショッピング

弥生は、かなりの割合が東京大学の施設になっていることもあり、大型のショッピングセンターなどはありません。

住む場所によっては、根津駅周辺の店舗(駅前のスーパー「赤札屋」など)を利用するか、東京大学内のローソンが手っ取り早いという人もいるでしょう。

東京メトロ南北線「東大前駅」の駅前には、スーパー「ミニピアゴ」、都道301号に出ると「クイーンズ伊勢丹」やホームセンター「オリンピック」などがあります。

2-5. 子育て環境

文京区では、キッズルーム、子どもショートステイなどが行われています。

区内に5箇所ある「子育てひろば」では、親子で自由に過ごしながら、子育てのあれこれが相談できます。

弥生から最寄りになるのは、「子育てひろば西片」です。

また、根津の駅前にある「ポケットランド」は、細部小児科クリニックが運営する3世代の集いの場です。

ここは、アトピーの悩み相談、臨床心理士に発達や子育てについて相談できる場になっています。

保育園の利用については、文京区の入園決定率が65.5%ですから、それなりの準備が必要になるものの、23区の中では標準的な厳しさと言えるでしょう。

2-6. 教育環境

文京区には、東京大学をはじめ有名大学が複数あります。

また、都内には6つの国立の小学校がありますが、「お茶の水女子大学附属小学校」「筑波大学附属小学校」「東京学芸大学附属竹早小学校」の3つが文京区に設置されています。

小学校の受験を視野に入れて文京区に住む人もいて、3S1K(誠之小学校、昭和小学校、千駄木小学校、窪町小学)への入学を希望して、学区に引っ越すケースがあるほどです。

弥生の場合、公立小学校の校区は3S1Kではない根津小学校ですが、東京大学を身近に感じることができ、学生と行き交うことも多い落ち着いたエリアです。

アカデミックな空気を感じながら子育てをしたいファミリーにとって、魅力ある街ではないでしょうか。

3. 弥生のおすすめスポット

『弥生美術館・竹久夢二美術館』

渡り廊下で結ばれた、隣り合わせにある美術館です。

大正ロマンを代表する美人画家竹久夢二の作品を鑑賞しつつ、少女漫画などサブカルチャー色の強い展示を楽しむことができます。

『暗闇坂』

都内には、12箇所ほど「暗闇坂」と名付けられた坂があります。

この弥生の坂も江戸時代からこう呼ばれ、東大弥生門から急な坂になっています。

弥生門から東大敷地に入ると、ローソン100、生協などがあります。

4. 弥生に住むなら◯◯な人におすすめ

『東大を身近に感じたいファミリー』

3S1Kにこだわらないけれど、「東大を身近に感じて目標にしたい」ファミリーに弥生はおすすめです。

教育への意識が高い人も多く、つつじが有名な根津神社など緑豊かな環境も近くにあります。

根津駅エリアには商業地区がありますが、住宅と、東京大学関連施設、研究所が集結しているため、アカデミックな雰囲気の中で過ごしやすいでしょう。

『大学関連施設や研究所勤務のアッパー層』

東京大学周辺のエリアは、高低差がある地形をしています。

弥生は根津よりも少し高くなった地形で、宅地としてのステイタスがあると見ることができます。

弥生という地名の範囲そのものが狭く、物件数も多くはありませんが、質の良い優良賃貸があります。

5. 弥生の治安・住みやすさ情報まとめ

  • 大学の敷地が占める割合が大きく、犯罪発生数が少なくて治安がよい。
  • 住宅地内にはお店がないものの根津駅、白山駅側にはスーパーもある。
  • 東京大学関係機関勤務の人、東大を身近に感じて目標にしたいファミリーにおすすめ。

弥生は住宅地以外のほとんどが大学敷地、研究機関となっており、落ち着いたアカデミックな街です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事