世界で活躍するためには、語学力も大切です。

そこで注目されているのがインターナショナルスクールです。

今回は新宿区内にあるインターナショナル4校をすべて紹介!

それぞれのスクールの特徴や授業料、おすすめのインターナショナルスクールなどをまとめて紹介します。

1. 新宿区にあるインターナショナルスクール一覧

インターナショナルスクール 所在地
1.四谷インタナショナルスクール 新宿区四谷
2.東京早稲田インターナショナルクリスチャンスクール 新宿区高田馬場
3.テゾーロインターナショナルスクール 新宿区新小川町
4.NYこどものくに〈東京〉 新宿区西落合

 

1-1. 四谷インタナショナルスクール

四谷インターナショナルスクールは、小・中・高一貫のインターナショナルスクールです。

そのため子供の成長に大事な時間を受験勉強に費やすことなく、子供たち一人ひとりが自分のペースで将来のビジョンを考えることが出来る環境が整っています。

また世界最大規模の教育連盟機関「ACSI」に加盟しているため、小等部・中等部を卒業するとアメリカの小学校・ジュニアハイスクール卒業資格が取得できます。

また高等部でも、卒業と同時にアメリカのハイスクール卒業資格が取得できます。

さらに希望者は日本の高校卒業資格を同時に取得することもできます。

・基本情報

住所 東京都新宿区四谷2-11-6
アクセス・最寄駅 ・JR線「四ツ谷駅」

・東京メトロ丸の内線、南北線「四ツ谷駅」

対象年齢・学年 小等部、中等部、高等部
授業料 対象年齢によって授業料は異なります。
電話番号 03-3355-4990
ホームページ http://www.web-yis.jp/

1-2. 東京早稲田インターナショナルクリスチャンスクール

日本人だけでなく中国人、韓国人等アジア各国の外国人学生なども数多く在籍しているインターナショナルスクールです。

小・中・高一貫教育で、授業は全て英語で行われます。

・基本情報

住所 東京都新宿区高田馬場4-41-1
アクセス・最寄駅 JR山手線「高田馬場駅」
対象年齢・学年 小等部、中等部、高等部
授業料 対象年齢によって異なります。
電話番号 03-5989-1779
ホームページ http://www.wics.jp/index.php

1-3. テゾーロインターナショナルスクール

12か月から利用が出来るインターナショナル・プリスクールです。

コース制となっており、「午前プログラム」「ハーフデイプログラム」「フルデイプログラム」「プレイグループ」があります。

・基本情報

住所 東京都新宿区新小川町3-16- 菊水ビル101
アクセス・最寄駅 JR総武線、南北線、東西線「飯田橋駅」
対象年齢・学年 2歳~6歳(プリスクール、幼稚園)
授業料 【午前プログラム】

¥5,000/日

【ハーフデイプログラム】

¥90,000/月

【フルデイプログラム】

¥120,000/月

【プレイグループ】

¥3,000/日

電話番号 03-5946-8748
ホームページ http://tesorointernationalschool.com/

1-4. NYこどものくに〈東京〉

アメリカ・ニューヨークで40年以上にわたってグローバル教育を行ってきたアメリカ本校のカリキュラムを受けることが出来る本格的なバイリンガル・プレスクールです。

・基本情報

住所 東京都新宿区西落合3-10-18-104
アクセス・最寄駅 ・都営大江戸線「東長崎駅」

・西武池袋線「落合南長崎駅」

対象年齢・学年 1歳6か月~3歳11か月(プリスクール)
授業料 ¥35,000(週2日)~

※選択するコースや年齢によっても料金が異なります

※別途入会金が必要です

電話番号 03-3952-4192
ホームページ https://www.kodomonpo.org/

2. 新宿区でおすすめのインターナショナルスクール

2-1. 【プリスクールのおすすめその①】NYこどものくに〈東京〉

インターナショナルスクールに将来通わせたいと思うのであれば、1歳からバイリンガル・プリスクールに通うのがおすすめです。

そこでおすすめなのが「NYこどものくに〈東京〉」です。

NYこどものくに〈東京〉は、ニューヨークで40年以上にわたってバイリンガル教育を行ってきたアメリカ本校のプログラムを導入した本格的なバイリンガル・プリスクールです。

・少人数制の手厚い保育

NYこどものくに〈東京〉では、1クラスの定員を12名前後とした少人数制を導入しています。

クラスにはネイティブ講師を含む3名が担当します。

もちろんその中には日本人のバイリンガル行使もいるので、初めて英語に触れるお子さんも安心して園での時間を過ごすことが出来ます。

・日本の文化も大事にするプログラム

グローバル化に向けて早くから英語を身につけさせたい保護者も多いですが、グローバル社会で活躍するためには「英語力」だけでなく「日本人としてのアイデンティティ」も必要です。

そのためにNYこどものくに〈東京〉ではバイリンガルスクールでありながら日本の伝統行事を年間スケジュールの中に取り入れ、幼いうちから日本の文化や考え方について学ぶ時間を大切にしています。

・リトミック・リズム体操

音やリズムに合わせて身体を動かせる楽しさを学ぶ「リトミック教育」もプログラムに含まれています。

リトミックには外遊びだけでは身につきにくい部分の筋肉を動かし運動機能を向上させる効果があります。

・アート&クリエイティブ教育

自由な発想で自分の考えを表現できる力を身につけさせるために、アート&クリエイティブ教育もプログラムに導入しています。

様々な素材に触れることによって想像力を引き出し、作品として表現することによって自己表現力を高めます。

・3歳からは「おけいこ型スクール」に進むこともできる

プリスクールは3歳11か月までですが、NYこどものくに〈東京〉では3歳から12歳までが対象になる「おけいこ型スクール」もあります。

クラスは

  • 「未就学児向けクラス」
  • 「帰国生向けクラス」
  • 「小学生向けクラス」

があります。

未就学児向けクラスは

  • 「年少クラス(3歳児)」
  • 「年中クラス(4歳児)」
  • 「年長クラス(5歳児)」

の3クラスがあります。

小学生向けクラスは

  • 「初めてコース」
  • 「低学年コース」
  • 「中学年コース」
  • 「高学年コース」

の4クラスがあります。

おけいこ型スクールでは週1回のとなりますが、年齢に応じて子供たちが通いやすい時間に授業時間が設定されています。

未就学児向けクラスと帰国生向けクラスは1回の授業時間が90分となっていますが、小学生向けクラスは子供が集中しやすい60分授業となっています。

2-2. 【プリスクールのおすすめその②】テゾーロインターナショナルスクール

小学生以降もインターナショナルスクールに通わせるのであれば、プリスクール選びも大事です。

スクールが変わると環境も変わってしまうので、一番良いのは「同じスクールで6歳まで通わせること」です。

そこでおすすめなのが、2歳から6歳まで通うことが出来るプリスクール「テゾーロインターナショナルスクール」です。

テゾーロインターナショナルはコース制になっており、1日3,000円で利用が出来る「プレイグループ」のほかに「午前プログラム」「ハーフデイプログラム」「フルデイプログラム」があります。

・午前プログラム

IEYCカリキュラムに沿ってバイリンガル教育を行っています。

活動の中では学習ITソフトや英語の音声学な度を使い、英語を読むための基礎力と英語の発音を身につけます。

・ハーフデイプログラム

IEYCカリキュラムに沿ってバイリンガル教育を行っています。

対象となるのが12か月から6歳までとなっているため、時間も8:30~14:00までとなっています。

一時保育や延長保育も行っています。

・フルデイプログラミング

IEYCカリキュラムに沿ってバイリンガル教育を行っています。

対象となるのが12か月から6歳までとなっています。

時間は8:30~18:00までです。

一時保育や延長保育も行っています。

2-3. 【インターナショナルスクールおすすめ】四谷インタナショナルスクール

小・中・高一貫のインターナショナルスクールです。

小等部、中等部、高等部があり、それぞれ卒業と同時にアメリカンスクールの卒業資格を取得することが出来ます。

また高等部では希望者に限り卒業と同時に日本の高校卒業資格を取得することもできます。

・小等部

小等部では「英語に慣れ親しむこと」から始めます。

そのため小等部から毎日ネイティブ講師の英会話授業が行われ、耳から英語に慣れることから始めます。

このようにして無理なく英語にふれることによって「英語は特別」ではなく「身近な言葉」になります。

この段階から今度は「耳で聞いた英語を、英語で返す」という力を身に着けていきます。

さらに日本人が苦手とするコミュニケーション能力も、普段からネイティブ講師と接することによって自然と身についていきます。

新入学は「4月」と「9・10月」の2回です。

ただし転入・編入学については随時受け付けています。

在籍していた期間に取得した単位は認定されます。

また卒業後は、アメリカの小学校卒業資格を取得することが出来ます。

・中等部

中等部では、語学力を高めるだけでなく「国際的な視野を持つこと」を目標に様々なカリキュラムが準備されています。

特にこの時期の子供たちは心の成長が人格形成に大きく左右します。

そのため校外活動も活発に取り入れています。

また提携校でのカリキュラムにも参加できるため、音楽、美術、芸術などカリキュラムの内容も多彩です。

新入学は「4月」と「9・10月」の2回です。ただし転入・編入学については随時受け付けています。

在籍していた期間に取得した単位は認定されます。

また卒業後は、アメリカのジュニアハイスクール卒業資格を取得することが出来ます。

・高等部

高等部では子ども一人ひとりの語学力に応じてクラスを選択できるようになっています。

そのため「英語がメインで行うクラス」と「英語と日本語で授業を行うクラス」があります。

ですから高等部から入学する場合でも、子供の語学力に併せてカリキュラムを選択で来ます。

また在学中には様々な留学制度があります。

留学に不安がある場合でも、留学経験豊富なスタッフが準備から留学生活でのアドバイスまで細かくサポートしてくれるので安心です。

新入学は「4月」と「9・10月」の2回です。ただし転入・編入学については随時受け付けています。

卒業後はアメリカのハイスクール卒業資格を取得することが出来ます。

希望者は日本の高校卒業資格を取得することもできます。

3. まとめ

新宿区のインターナショナルスクールを一挙に紹介してみましたがいかがでしたでしょうか?

乳・幼児期からバイリンガル教育を受けさせたいのであれば「プリスクール」から通わせるのもおすすめです。

また新宿区では小・中・高一貫のインターナショナルスクールもありますから、「受験に縛られずに自分のペースで個性を伸ばしてほしい」という人にもおすすめですよ。

おすすめの記事