住みやすい街として人気の文京区。

ただ、具体的に文京区のどの場所に住むかとなると、迷う人も多いはず。

一口に文京区といっても、住む場所によって生活環境が異なります。

そこで、この記事では、文京区にある19エリアのうち、大塚エリアにスポットをあて、大塚の住みやすさや治安を詳しく解説します!

大塚は、文京区の西に位置している地域で、広さは1.138k㎡

人口は18,636人、犯罪件数は92件、犯罪発生率は0.49%です(2018年時点)。

以下では、大塚の治安状況のほか、交通アクセス、家賃相場なども詳しくご紹介しますので、参考にしてくださいね。

(2019年10月30日更新/2018年3月26日公開)

1. 大塚の治安情報

文京区の大塚エリアは、文京区の西に位置している地域で、広さは約1.138k㎡

文京区全体(約11.29k㎡)の10分の1ほどの面積を占めています。

人口は18,636人(2018年12月時点)。

エリア内には、お茶の水女子大学、筑波大学(東京キャンパス)、跡見学園女子大学(文京キャンパス)などがある文教地区です。

また、エリア内には、東京メトロ丸ノ内線が利用できる新大塚駅があるほか、住所は異なりますが、茗荷谷駅(丸ノ内線)や護国寺駅(有楽町線)も徒歩圏内にあります。

教育施設が多く、アクセス性も良好な大塚エリアは、若者からファミリー層にまで幅広く人気となっています。

また、豊島岡墓地には皇族専用の墓地があり、警察による巡回も多いこともあり、安定して治安が良く、住みやすい地域となっています。

(参照:第51回文京の統計(平成30年)

「みんなの行政地図」をもとに作成)

1-1. 犯罪件数

犯罪件数 順位(文京区内)
文京区大塚 92 14位/19位中

警視庁サイト「平成30年 区市町村の町丁別、罪種別及び手口別認知件数」から作成)

2018年の文京区大塚の犯罪件数(認知件数)は92件でした。

これは、大塚1丁目から6丁目の犯罪件数をあわせた数値で、警視庁がまとめたデータです(2018年1月~12月の合計)。

犯罪件数が92件というのは文京区の19エリア中14位で、文京区の中では高いほう。

文京区の中で犯罪件数が少ないのは、少ない順に、西片(15件、1位)、弥生(19件、2位)、音羽(22件、3位)などとなっています。

1-2. 犯罪発生率

犯罪発生率 順位(文京区内) 犯罪発生率(文京区全体) 全国
文京区大塚 0.49% 13位/19位中 0.56% 0.72%

文京区サイト「文京区人口統計資料No.784」と警視庁サイト「平成30年 区市町村の町丁別、罪種別及び手口別認知件数」から作成)

2018年の大塚の犯罪発生率は0.49%で、文京区の19エリア中13位でした。

こちらも、文京区内では、決して低いといえる数値ではありません。

文京区各エリアの犯罪発生率は、少ない順に、西片(0.27%、1位)、千石(0.3%、2位)、水道(0.35%、3位)などとなっています。

ただし、全国平均(0.72%)と比べれば低いほう。全国的に見ると、きわめて治安の良好なエリアということができるでしょう。

なお、犯罪発生率とは、そのエリアで発生した犯罪件数(認知件数)を、そのエリアの人口で割った数のことで、犯罪件数だけでは見えづらい治安状況を知ることができる数値です。

ここでは、警視庁が取りまとめている犯罪件数(2018年)と、文京区のホームページに記載してある人口(2018年12月時点)を使って算出しています。

1-3. 犯罪の種類

犯罪の種類 件数(大塚) 文京区全体
凶悪犯 1 7
粗暴犯 15 140
侵入窃盗 6 78
非侵入窃盗 49 659
その他(詐欺など) 21 377
合計 92 1261

警視庁サイト「平成30年 区市町村の町丁別、罪種別及び手口別認知件数」から作成)

次に、犯罪の種類を見てみましょう。

こちらも警視庁が公開している犯罪件数(認知件数)のデータからまとめました(20181月から12月まで)。

これを見ると、文京区大塚で起きた犯罪(92件)のうち、最も多いのは非侵入型窃盗で、なかでも自転車盗難(27件)が最多。

次に、非侵入型窃盗のその他(14件)が多くなっています。

詳細な実態は不明ですが、盗難には気をつける必要があるでしょう。

そのほか、気になるのは、暴行(11件)、詐欺(7件)、強盗(1件)など。

全国平均と比べると、治安は良好とはいえ、犯罪は発生していますので、防犯に気をつけるべきエリアといえます。

1-4. 外国人居住数

文京区の中でも、大塚エリアは池袋に近いという点から、新大塚から大塚方面に向かうと中国人、韓国人の居住者が多い傾向にあります。

護国寺駅周り、茗荷谷駅から新大塚方面にかけては、多国籍な料理屋が立ち並んでおり、街中でもアジア系の外国人が数多く見受けられます。

また、茗荷谷駅や護国寺駅から離れて不忍通りに向かうと、飲み屋やパチンコ店もあり、外国人の割合はさらに多くなります。

2. 大塚の住みやすさ情報

大塚エリアは教育施設が充実し、大学も多いことから、ファミリー層や学生にとって非常に住みやすい街といえます。

閑静な住宅街が広がり、落ち着いた雰囲気なので、子育てがしやすい環境でもあります。

また学校が多くあるということは、それだけ防犯意識の高い住民が多く、1人暮らしの女性にとっても安心して住むことができます。

実際に駅周辺に交番の数が多く、地域住民による防犯パトロール活動も行われており、街全体で防犯対策に取り組んでいます。

2-1. 住民層

有名大学の附属学校、有名私立校をはじめとする教育施設の数が多いため、住人の大半は学生を含む若者やファミリー層が占めています。

文京区は昔から歴史のある土地なので、何世代にもわたって文京区や大塚エリアに長く住んでいる住民も多く、高齢者も街中ではよく見かけます。

つまり、それだけ治安が良く、住みやすい街だということになります。

2-2. 家賃、物価相場

大塚エリアの家賃相場は1DKで約9万円、1Kでも約7~8万円前後です。

文京区は家賃の相場が、他区と比較すると割と高めです。

また、茗荷谷駅周辺のスーパーは値段が高く、物価の相場も家賃同様高くなっています。

新大塚駅周りにある24時間営業のスーパーが、このエリア内だと比較的安い方なので、近くに住んだら積極的に活用するとよいでしょう。

2-3. 交通アクセス

主要な駅名 所要時間(護国寺駅から) 所要時間(新大塚駅から) 所要時間(茗荷谷駅から)
池袋 4分 3分 4分
新宿 14分 16分 17分
渋谷 23分 23分 20分
東京 20分 13分 11分

大塚エリアは、東京メトロ丸の内線が利用できる新大塚駅や茗荷谷駅、有楽町線が利用できる護国寺駅が徒歩圏内にあります。

新大塚駅からなら池袋駅へはわずか3分、茗荷谷駅からなら東京駅へはわずか11分でいくことができます。

また、新大塚方面にさらに進むとJR山手線の大塚駅などもあり、アクセスの利便性は文京区トップクラスといえるでしょう。

また、バスの停留所も多いので、大塚からほかの文京区エリアに移動する場合などにも重宝します。

2-4. 買い物(スーパー)、ショッピング

日常の買い物ができるスーパーは、主に駅周辺にあります。

特に新大塚駅付近には24時間営業をしているスーパーがあり、帰りが遅くなっても買い物をすることが可能です。

また、池袋や後楽園、御茶ノ水方面にもアクセスがしやすいので、ショッピングもしやすく、女性にとっては嬉しい立地ですね。

2-5. 子育て環境

大塚エリアは教育施設が非常に充実しており、ファミリー層も多いことから子育てがしやすい地域であることが分かります。

都内では珍しい区立幼稚園も多数あります。

また、文京区は大塚エリアにあるお茶の水女子大学と協働し、平成28年4月から保育所型認定子ども園を開園するなど、子育て環境の向上に常に力を入れています。

大塚地区は、病院や医療機関の数も非常に多いので、子育てをする上で安心して住むことができる街です。

駆け込める病院が近くにあるというのは、子どもを持つ世帯にとって非常に心強い存在ですね。

2-6. 教育環境

大塚には幼稚園から小中高、大学まで数多くあり、有名大学の附属学校の他に有名私立校も多々あることから、教育レベルが非常に高いエリアとなっています。

最近では皇族の方も大塚にある小学校に通われるなど、教育環境としては申し分ない高水準です。

3. 大塚のおすすめスポット

茗荷谷駅から新大塚方面に進むと、カフェや多国籍な料理屋が並んでいます。

また、教育の森公園や新大塚公園など緑が豊かな場所が多く、子どもを連れて行ったり散歩をするにはおすすめのスポットです。

さらに大塚エリアには、昔から住んでいる住民に愛されている隠れた名店も数多く存在します。

住宅街の中にレトロなお店があったり、駅前にはお洒落なカフェがあったりするなど、散策してみると様々な発見があります。

4 大塚に住むならこんな方におすすめ!

・大塚に住むなら子持ち世帯におすすめ

大塚エリアは教育施設が充実していて、かつ幼稚園から大学まで全て揃っていることから、高水準の教育環境が整っています。

住民の層もファミリー層が多く、近くに公園がいくつかあるので、小さい子どもを連れて行ける場所も多数あります。

また医療機関も多く、いざという時に頼りになる病院が近くにあるということも、子持ち世帯におすすめな理由の1つです。

・1人暮らしの女性にもおすすめ

大塚エリアをはじめとする文京区は、治安の良さが東京23区内でも1位であり、1人暮らしの女性でも安心して住むことができる街です。

駅周辺にスーパーや飲食店も多く、都心へのアクセスもしやすいため、生活面で不自由することは基本的にはありません。

5. 大塚の治安・住みやすさ情報まとめ

治安の良さ、住みやすさに定評がある文京区の中でも、大塚エリアは都心へのアクセスがしやすく、落ち着いた雰囲気が特徴的です。

学校が多いことから、防犯意識の高い住民の数が多く、治安の良さは東京23区内で常にトップクラスです。

教育施設が多いので、子どもや若者が多いのはもちろん、ファミリー層が多数住んでいることも、治安の良さを裏付けています。

家賃は少々高めですが、安心かつ安全に暮らせることを考慮しても、大塚エリアは非常におすすめです。

おすすめの記事