文京区春日の住みやすさと治安について徹底解説

東京ドームに近い街、春日。東京ドームに出かけることが多い人など「こんな場所に住みたいな」と思ったことがある人は多いのではないでしょうか。

でも人の出入りが多い東京ドームだから、治安が良いと言っても本当なのか気になりますよね。

そこで、まずは春日の治安について詳しく解説していきます。

1. 春日の治安情報

春日は、東京の中でも治安が高いと定評がある文京区に位置していますので、ファミリー層からも人気のエリアになっています。

確かに東京ドームでライブやイベントがある時は、人通りもぐんと増えて騒がしい日もあります。

また、春日には交番の他にも富坂警察署があることも、治安の良さに繋がっているでしょう。

文京区は全般的に治安の良い区として知られています。

東京23区内でみると、犯罪発生件数は最も少ない区が文京区です。

文京区の住民は比較的平均所得の高い人が多いため、犯罪としては侵入窃盗、車上狙いが多めになっています。

自宅ドアの施錠、窓の施錠はもちろん、車の管理や施錠など防犯意識を高めておく必要があります。

文京区内で最も犯罪発生件数が多いのが湯島天神のある湯島3丁目です。

湯島天神のような由緒正しい神社があるのに、なぜ治安が悪いのか……と疑問に感じるところですが、湯島3丁目の辺りは上野の繁華街の延長上に位置しているので人通りも多いです。

また、春日通り天神下交差点界隈は、飲屋街の中でもキャバクラやガールズバーが多いエリアです。

湯島3丁目以外の2丁目や4丁目のエリアは、治安はさほど悪くありません。

ですから、安全・安心で静かに生活したいと思う人は、春日通り天神下交差点より少し離れたエリアで家探しをすると良いでしょう。

文京区内の南端にある水道橋駅近辺も、若干治安が悪いエリアです。

東京ドームのある後楽1丁目、白山通りから壱岐坂に入ったあたりに位置する本郷1丁目と本郷2丁目も、犯罪件数が多くなっています。

人通りが少ない道路を通らないようにするなど、防犯意識を高く持ちましょう。

また、春日1丁目にある中央大学付近のエリアは、若干犯罪発生件数が多くなっています。

こちらは、自転車窃盗が多く、学生が自転車を安易に盗む犯罪が目立ちます。

 

1-1. 犯罪件数

警視庁が発表した「自治体別刑法犯発生件数」によると、春日の犯罪発生件数は、2016年度は1,913件と東京23区内では犯罪件数が一番低いです。

しかし、閑静な住宅街では人通りが少ないことがありますので、女性は出来るだけ大通りを通るようにするなど心がけましょう。

 

1-2. 犯罪発生率

春日の犯罪発生率は2016年度では0.92%と、東京23区内では一番低い地域でした。

春日の中でも住宅街のエリアでは警察のパトロールはもちろんですが、地域住民による交代制でのパトロールも熱心に行われており、安心して暮らすことが出来る地域と言えるでしょう。

また春日エリアには神社やお寺もあることが、警察のパトロールが日常的になっている理由の1つでもあります

春日には古くから住んでいる人も多くいますので、みんなで春日を守るという意識の中での声かけも盛んに行われている、暖かい地区でもあります。

 

1-3. 外国人居住数

文京区は外国人からも人気があるエリアです。

2019年1月の文京区住民台帳では10,808人の外国人が住んでいると報告されています。

外国人世帯は7,535あり、外国人からも人気の街です。

中でも春日は文京区役所もある街なので、外国人からも支持が高いエリアです。

 

2. 春日の住みやすさ情報

春日は住みやすい街として定評があります。イメージとしては、坂道が多い閑静な住宅街と言えるでしょう。

そんな春日の情報を、項目ごとに解説していきます。

 

2-1. 住民層

文京区の住民自体が、所得が高めの人が多いこともあり、春日も同じようにお金持ちが多いエリアとしても知られています。

そのため、落ち着いた雰囲気がある街だと言えるでしょう。

 

2-2. 家賃、物価相場

春日の家賃は、ワンルームだと月家賃9万円からが相場となっています。

かなり築年数が経過しているアパートであれば、3万円からでも探すことが可能です。

しかし、アメニティなどの施設を重視するのであれば、家賃9万円は覚悟しておくと良いでしょう。

ファミリー層から人気の2LDKや3LDKになると、家賃も高めになってきます。

  • 2LDK…22万円から
  • 3LDK…25万円から

春日の家賃相場は、高めだと思っておくと良いでしょう。

春日の物価は特別高いということもありません。昔ながらの商店街を利用すると、かなり節約することは出来るでしょう。

 

2-3. 交通アクセス

春日は後楽園駅と繋がっているため4路線を使うことが出来て、通勤や通学に便利が良いことでも人気の街です。

都心エリアにもアクセスがしやすいので、一人暮らしの学生からファミリー層まで多くの人たちから人気がある街です。

 

2-4. 買い物(スーパー)、ショッピング

春日駅前は「くすりの福太郎」、「あおい書店」、「マクドナルド」など、便利なお店が並んでいます。

春日駅西側は、駅北側の大通り近くに「春日駅通り商店街」があり、昔ながらの活気溢れる通りになっています。

またその近くには「こんにゃくえんま商盛会」「すずらん商店街」という歴史ある商店街があります。こんにゃくえんま商盛会には、パン屋さんや「まいばすけっと」などのお店もあります。

こんにゃくえんま商盛会を北側に進むと「ダイエー小石川店」もあるため、日常的な買い物にはほとんど困らないでしょう。

 

2-5. 子育て環境

春日は子育てがしやすい環境が整っています。ベビーを持つママ向けのサークルも多数あり、母親が育児をしやすいサポート体制も整っています。

また文京区が主催する子育て交流講座なども充実しています。

春日の文京区役所周辺は、医療機関も多く、子育てするには非常に便利な街です。

 

2-6. 教育環境

春日通りのそばには、保育園、幼稚園、中学校もあり、さすが文京区と言えるほど春日通り周辺に学校が集まっています。

大学も中央大学や国際仏教学大学院大学などがあり、学生が賑わう街でもあります。

 

3. 春日のおすすめスポット

春日と言えば東京ドームを思い出す人が多いでしょう。

春日駅の西側には商店街が立ち並び、駅南側に東京ドームがあり雰囲気がガラッと変わります。

春日駅の東側は、「ふるさと歴史館」や歴史建造物があります。

春日には、金田一京助や石川啄木の旧居もあるなど、趣深い場所が続きます。

石川啄木は金田一京助と親交があったため、2人のつながりも感じることが出来ます。

文豪の歴史を辿り、同じ空気感を味わいたい人にとっても、春日はおすすめの街です。

 

4. 春日に住むならこんな人におすすめ

人気の街、春日はこんな人におすすめ!というポイントをご紹介します。

春日に住むなら一人暮らしの女性にもおすすめ

春日は治安が良い街ですので、一人暮らしの女性にもおすすめ出来る街です。

駅前なども、人通りが多く夜道も安心です。

 

春日に住むなら同棲カップルにもおすすめ

春日は、ちょっと広めの1LDKなどで同棲をするカップルも多いです。

商店街ではお惣菜を買うことも出来ますし、白山通りにはドンキホーテもあり、遅い時間でも安く買い物することが出来て便利です。

ちょっと高級品を買うならラクーアの成城石井や白山通りのQueens伊勢丹など、徒歩10分圏内で行けるお店も多く、買い物には困らない便利な街です。

通勤にも困らないため、働く2人が過ごしやすい環境だと言えるでしょう。

 

春日に住むなら子育て世代におすすめ

子育て支援やサポート体制が整っている春日は、子育て世代にもおすすめ出来る街です。

妊娠中のママには、助産師出張相談があり、産後のセルフケアについてのアドバイスなども実施しています。

また、赤ちゃんとママが一緒に行ける場所を提供するなど、子育て支援に力を入れているのも特徴です。

子育て応援事業としては、「あおぞらすくすく広場」や「親子すくすく教室」などがあり、子育てや仲間作りにも適したエリアだと言えるでしょう。

 

5. 春日の治安・住みやすさ情報まとめ

春日の治安や住みやすさについての情報をご紹介しました。

春日は全般的に治安が良く、住みやすいと評判であることがわかりました。

また、電車も後楽園まで出れば複数の路線を利用することが出来るので、通勤通学にも便利です。

その分、家賃は若干高めの傾向がありますが、安心して暮らすことが出来る春日は、住みたい街ランキングでも上位の常連だということも納得が出来ます。

おすすめの記事