文京区本駒込は、文京区の北にあるエリアで、人口は2万7,445人(2018年12月時点)。

古くは武家屋敷の多い土地で、江戸期の明暦の大火以降に多くの寺が集まってきたことから、昔ながらの情緒ある温かい街並みが残るエリアとなっています。

エリア内には、武蔵野市の吉祥寺という地名のもとになった諏訪山吉祥寺、江戸の二大庭園として有名な六義園などのランドマークはもちろん、近隣には田端銀座という地域密着型の商店街もあります。

また、治安のよさでも文京区上位に入るエリア。

本駒込の犯罪件数(認知件数)は108件と多いものの、犯罪発生率は0.39%で、文京区全体の0.61%と比べて低い数字となっているんです(2018年時点)。

また、犯罪の内訳も、自転車の盗難などの軽犯罪が多数を占めています。

この記事では、そんな本駒込の治安、家賃、買い物事情、子育てや教育の環境など、住みやすさがわかる情報を詳しくご紹介します。

20191029日更新/2018年9月14日公開)

1. 本駒込の治安情報

文京区本駒込は、文京区の北に位置するエリアで、豊島区駒込や北区田端などと接しています。

本駒込1丁目から6丁目に区分されており、人口は2万7,445人(2018年12月時点)。

文京区の中で最も多い人口を擁しているエリアとなります。

治安に関しても良好で、過去に本駒込に暮らしていた人たちからも、治安が良いと評価の高いエリアです。

駒込警察署や交番があり、人通りも多いことから治安については安心できるエリアでしょう。

 

地図は「みんなの行政地図」をもとに作成)

1-1. 犯罪件数

犯罪件数(2018年1月~12月の合計) 順位(文京区内)
文京区本駒込 108 17位/19位中

警視庁サイト「平成30年 区市町村の町丁別、罪種別及び手口別認知件数」から作成)

2018年の文京区本駒込の犯罪件数(認知件数)は108件でした。

これは、本駒込1丁目から6丁目の犯罪件数をあわせた数値で、警視庁が公表しているデータにもとづいています。

一方、上記のデータによると、文京区根津の犯罪件数は30件(5位)、文京区西片は17件(1位)と、本駒込に比べて非常に少ないですね。

本駒込は文京区のなかでも犯罪件数が多いエリアなんです。

ただし、これは、本駒込の人口が多いことと関係しています。

先にも述べましたが、文京区本駒込の人口は27,445人で、文京区ナンバーワン。2位が小石川で22685人、3位が本郷で21224人などとなっています(201812月時点)。

人口が多いエリアで犯罪が多くなるのは自然なことなので、このような場合には、単に犯罪件数だけを見て、犯罪が多いと考えてしまっては、治安の実態を見誤ることになります。

たとえば、人口が5人の地域で、犯罪が3件起きたとしたら、犯罪件数としては3件ですが、5人にしかいないのに3回も犯罪が起きているのですから、治安はものすごく悪いということになってしまうでしょう。

このような場合には、人口を加味した犯罪発生率を参考にすると、より地域の治安実態に迫ることができます。

そこで、次に犯罪発生率を見てみましょう。

1-2. 犯罪発生率

犯罪発生率 順位(文京区内) 犯罪発生率(文京区平均) 全国
文京区本駒込 0.39% 6位/19位中 0.61% 0.72%

文京区サイト「文京区人口統計資料No.784」と警視庁サイト「平成30年 区市町村の町丁別、罪種別及び手口別認知件数」から作成)

本駒込の犯罪発生率は0.39%、文京区の19エリア中6位の低さでした(2018年時点)。

犯罪発生率とは、その地域で発生した犯罪件数を、その地域に住んでいる人の数(人口)で割った数のこと。

たとえば、日本全国で起きた犯罪件数(認知件数)は91万件、日本の人口は12,700万人ですので、91万件を12,700万人で割って算出します。

すると、日本全国の犯罪発生率は0.7%となります。

一方、文京区本駒込の犯罪件数(108件)を人口(27445人)で割ると0.3%で、これが犯罪発生率となりますから、実は全国平均(0.7%)の半分以下ということになります。

文京区のほかのエリアをみても、文京区根津は犯罪件数30件で発生率0.46%、向丘は犯罪件数が30件で発生率0.43%などとなっており、発生率は本駒込より多いエリアがたくさん。

本駒込の発生率は、文京区全体の犯罪発生率(0.61%)に比べてもかなり低い数字で、本駒込は人口の割に犯罪発生件数が少ないエリアなんですね。

また、発生している犯罪の種類も見過ごせません。

1-3. 犯罪の種類

犯罪の種類 件数 文京区全体
凶悪犯 0 7
粗暴犯 8 140
侵入窃盗 2 78
非侵入窃盗 54 659
その他(詐欺など) 44 377
合計 108 1261

警視庁サイト「平成30年 区市町村の町丁別、罪種別及び手口別認知件数」から作成)

最後に発生している犯罪の種類を見てみましょう。

こちらもこれまでと同じように、警視庁が取りまとめている20181月から12月までに発生した犯罪件数(認知件数)のデータです。

これを見ると、文京区本駒込で発生している犯罪(108件)のうち、住宅に入り込んで盗みをはたらく侵入型の窃盗はわずか2件

殺人などの凶悪犯罪はありません。

東京23区でトップクラスの安全性といわれる文京区であっても、凶悪犯罪が7件発生していることを考えると、本駒込の治安のよさがわかりますね。

なお、本駒込で多いのは、非侵入型窃盗の自転車窃盗(27件)や詐欺(22件)。

日頃から自転車の盗難や詐欺に気をつける必要があるといえるでしょう。

2. 本駒込の住みやすさ情報

本駒込は古い街並みが特徴のエリアで、スーパーの他に昔ながらの商店街があります。

買い物事情が充実しているので、ファミリー層向けの住みやすさにおいては評価が高いです。

ファミリー層の住みやすさ評価が高いもう一つの要因は、子育てや教育の環境が充実していることです。

文京区全体に言えることですが、子持ち世帯のサポート制度が期待できるのは、住みやすさのポイントです。

本駒込は交通アクセスの点においても、住みやすさの評価が高いです。

3つの駅が使え、夜遅くでも人通りが多いので、治安の面でも住みやすさ抜群のエリアです。

2-1. 住民層

本駒込周辺は公園やお寺が点在していてのんびりとした雰囲気で、ファミリー層の住民が目立ちます。

治安が良いということもあり、女性の一人暮らしも住民層として一定数いらっしゃいます。

2-2. 家賃、物価相場

本駒込の家賃相場は1Kで約8万円、2LDKでも15万円弱と、文京区の中では安い方です。

東京23区の平均と比較すると、少し家賃相場は高めのエリアとなるでしょう。

スーパーなどの物価相場は、基本的には23区の物価とあまり変わらないです。

また大和郷(やまとむら)という高級分譲住宅街も存在します。

賃貸マンションとしては価格こそ1LDKで20万円台からありますが、マンション自体の数が少なくお部屋探しの際は瞬発力が求められるかもしれません。

2-3. 交通アクセス

主要な駅名 所要時間(本駒込駅から) 所要時間(JR駒込駅から) 所要時間(JR巣鴨駅から)
池袋 4分 7分  
新宿 14分 19分  
渋谷 23分 20分  
東京 20分 17分  

本駒込エリアの最寄り駅は、東京メトロ南北線の本駒込駅とJR山手線の駒込駅、山手線の巣鴨駅です。

3つの駅が使えそのうち2駅は山手線の駅なので、家賃相場の割にはとても交通の便が良いエリアです。

JR山手線の駒込駅または巣鴨駅を使えば、東京、新宿、上野、池袋、品川など主要な駅まで乗り換えなしで30分以内で行くことができます。

また車での移動も、京浜東北線に沿う本郷通りや、都営三田線に沿う白山通りといった大通りが多いため非常にスムーズ。

すぐ近くには首都高速の入口もあります。

そのため、本駒込は通勤やお出かけにとても便利なエリアと言えます。

2-4. 買い物、スーパー、ショッピング

本駒込エリアには駅前に「丸喜屋フーズ」、街中に「ピーコックストア」や「まいばすけっと」があります。

「ピーコック」は朝7時から夜23時まで営業、「まいばすけっと」は朝7時から夜0時まで営業しているので便利です。

お隣のJR田端駅からJR駒込駅までは「田端銀座」という昔ながらの商店街があります。

「田端銀座」では食料品、日用品や洋服などを買える他、クリーニング店やクリニックなどがあって日常生活に便利です。

もちろん飲食店も多数あるので、歩いているだけでも楽しむことができるでしょう。

コンビニエンスストアは本駒込エリアに点在しているので、一人暮らしの夜中や早朝の買い物も安心です。

2-5. 子育て環境

文京区は子育ての環境が充実しています。

区が子育て世帯や共働きの世帯をサポートする制度を用意してくれているので、子供がいる家庭には住みやすさ抜群の区です。

本駒込には公園本駒込図書館本駒込児童館などがあり、子供が日常的に遊ぶことができる施設が揃っています。

都立駒込病院は救急外来があるので、子供の急な病気の時も対応してくれる環境があって安心です。

2-6. 教育環境

文京区は東京大学、国立大学がある区で、古くから教育熱心な世帯が多く住んでいると言われている区です。

都内では教育レベルを理由に子供を私立中学に通わせる家庭が多い中、文京区は区立中学のレベルが高く、区立中学に入学させるケースが多いと言われています。

文京区の区立中学は学校選択制をとっているため、納得のいく学校選びができるでしょう。

本駒込には図書館や塾など勉強するための環境が揃っているので、自然と子供が勉強に向かう習慣が身につくでしょう。

3. 本駒込のおすすめスポット

本駒込はお寺や公園が多いエリアです。

お寺や公園では桜や紅葉を見ることができ、一年を通して豊かな自然に触れることができます。

3-1. 六義園

本駒込で有名なスポットと言えば「六義園」です。

「六義園」は回遊式築山泉水庭園の日本庭園で、江戸二大庭園の一つに数えられていました。

桜の時期のしだれ桜が有名で、お花見の時期は多くの観覧客で賑わる庭園です。

紅葉時期も人気で、ライトアップでは幻想的な秋の情景を見せてくれます。

四季を感じることができる本駒込の人気スポットです。

3-2. 東洋文庫

東洋文庫」は国際的にも5本の指に入ると言われている、東洋学の専門図書館・研究所です。

東洋学に関する展示や所蔵を見ることができ、本好きにはおすすめの場所です。

「東洋文庫」には「六義園」とのチケット割引があり、2つの施設を入場するとお得になっています。

カフェやショップもあるので、休日にゆっくりと時間を設けて訪れるのがおすすめです。

3-3. 吉祥寺

本駒込には武蔵野市の吉祥寺の名前の由来となった「吉祥寺」というお寺があります。

30分ほどで参拝できる小さなお寺ですが、歴史的な建物や二宮金次郎の墓、大仏などがあり、散策を楽しむことができます。

「吉祥寺」は春は桜の名所と言われ、満開のしだれ桜が美しい場所です。

「六義園」と合わせてお花見で訪れると良いでしょう。

4. 本駒込に住むならファミリー層・女性の一人暮らしにおすすめ

本駒込は子持ちのファミリー層や女性の一人暮らしにおすすめです。

その理由をご説明いたします。

4-1. ファミリー層におすすめの理由

本駒込は通勤や通学に便利な場所で、子育てや教育の環境も充実していることから、ファミリー層におすすめです。

図書館、児童館、塾など教育施設が充実していることもさることながら、公園やお寺など自然豊かな住環境は子供に良い影響を与えてくれるでしょう。

4-2. 女性の一人暮らしにおすすめの理由

本駒込は女性の一人暮らしにもおすすめです。

交通の便が良く、夜遅くでも人通りがある本駒込は、女性にとっては住みやすさを実感できるエリアとなるでしょう。

朝早くから夜遅くまで開いているスーパーやコンビニエンスストアがあるので、一人暮らしの買い物でも安心です。

3つの駅前周辺には飲食店があるので、外食となっても食べる場所に困ることはないでしょう。

5. 本駒込の治安・住みやすさ情報まとめ

本駒込は都内でも人気の住みやすさを誇るエリアです。

素朴な雰囲気が残るエリアで治安が良く、買い物スポットも充実しています。

交通アクセスの良さも、本駒込の住みやすさが評価されているポイントです。

本駒込には六義園や吉祥寺のような自然豊かな場所と、本駒込図書館や東洋文庫のような文学に触れられる場所が共存しています。

休日には自然を見たり、本を読んだりと充実した時間を過ごすことができるでしょう。

本駒込は子育てに力を入れたいファミリー層や、女性の一人暮らしにおすすめのエリアです。

おすすめの記事