実は中野区は、「住みたい街ランキング」で1位に選ばれる人気の街です。

中野区が人気の理由は、家賃の安さ、生活に不自由を感じない利便性、交通アクセスの良さなどが挙げられます。

そんな中野区の3DK賃貸マンションやアパートの家賃相場や、物件探しのポイントなどを説明していきます。

1. 3DKの賃貸物件の家賃相場【中野区編】

幅広く老若男女に愛されている中野区の家賃相場を見ていきましょう。

中野区の間取りごとの家賃相場は以下の通りです。

間取り 家賃相場
1DK 9.46万円
1LDK 12.69万円
2K 9.72万円
2DK 11.41万円
2LDK 15.80万円
3DK 13.14万円
3LDK 17.14万円

中野区の3DKの家賃相場は、13.14万円です。

3DKの広さがあってこの金額は、東京都内ではかなりの破格です。

しかも「〇DK」というタイプのお部屋は、1980年代にたくさん建てられた物件なので、築年数がかなり経過していることから、家賃も安く提供されているものが多いのです。

また賃貸マンションやアパートだけでなく、3DKは戸建ての賃貸もあります。

2. 中野区で最適な3DKの部屋を見つけるためのポイント

都内でも人気の中野区は、住みたい街ランキングでも常に上位に入るほど人気の街です。

住みやすい街には人が集まってくるため、人口も増え続けています。

住みやすい街の条件としては、家賃が安い、交通アクセスが良い、買い物に困らない、通勤や通学に便利、治安が良い、子育てに向いた環境、などが挙げられます。

また中野区は、都内でも女性の1人暮らし率が高い区であることから、安心して住むことができる街だと言えるでしょう。

中野区は、これらの条件をトータルでカバーすることから、住みたい街ランキングでも上位に選ばれるのです。

そんな中野区で、最適な3DKのお部屋を見つけるためのポイントをご紹介します。

2-1. 中野区の住みやすさ

中野区は駅周辺に大学もあり、1日を通して人通りが多く、治安が良いイメージがあります。

・交通アクセス

中野区の大きな魅力として、交通アクセスの良さがあります。

JRでは、中央線、中央線特急、中央・総武線各停、青梅線、成田エクスプレス、東京メトロでは東西線が乗り入れしています。

中野から新宿は実は徒歩圏内で、新宿を経由して目的地に向かう場合にも、とても便利なのです。

中野駅はJR中央線快速が止まるので、通勤や通学にとても便利です。

東京メトロ東西線もあり、新宿・東京方面・日本橋など、基本どこへ行くにも困らないでしょう。

・バス

中野駅は、バス路線も充実しています。

関東バスや京王バスが乗り入れており、江古田駅行き、練馬駅行き、新宿駅西口行き、池袋西口行き、阿佐ヶ谷駅行きなど様々な路線があります。

多くのバスは中野駅が始発なので、座って出発できるのは助かりますね。

中野区は、「一度住んだら離れられない街」という評価があるほど便利な街なのです。

・買い物(スーパー)、ショッピング

駅周辺の商店街で、欲しいものは何でも揃うと言われるほど、中野駅周辺には色々なお店が揃っています。

商店街には、ドラッグストアから書店、100円ショップなどありとあらゆるお店があり、あらゆるニーズに対応しています。

中野駅周辺には「中野マルイ」「島忠」「西友」「ライフ」「ドンキホーテ」といったショッピング施設があるため、食料品から生活雑貨まで何でも揃っています。

また、「ライフ」「ドンキホーテ」は深夜まで営業しています。

◆ドラッグストアが充実している

・「マツモトキヨシ」

駅周辺の「中野サンモール店」と、駅から北へ行ったところに「Part2店」があります。

・「サンドラッグ」

サンドラッグは、薬だけでなく、日用品、メイク品、オムツ類など品揃えが豊富です。

薬も自社製品があり、リーズナブルな値段で購入することができます。

特に曜日別に特売日があり、ティッシュやトイレットペーパーなどは、特売日に購入することをおすすめします。

・「ミネ薬品中野駅前店」

薬だけでなく、日用雑貨も多く取り揃えられています。

・「スギ薬局」

スギ薬局も、薬だけでなく日用雑貨も豊富に揃っています。

◆サブカルの街

中野区は、サブカルの街と言われるほどコアな街です。

現在中野区は再開発が進んでいますが、そんな中でもサブカルパワーは衰えていません。

レトロな雑貨や、昔ながらのマニアックな雑貨が手に入るなど、コレクターからの支持も熱い街です。

中野区は通常のお店もあれば、マニア向けのお店もあるという、とてもユニークな街で、集まってくるお客さんも多種多様です。

スーパーや小売店も豊富ですが、安くて美味しい飲食店や居酒屋も充実しており、生活するのも遊ぶのも困らない街だと言えるでしょう。

2-2. 中野区の治安事情

中野駅前に大学があるので、1日を通して人通りが多く、比較的治安は良いと言えるでしょう。

ですから、女性の1人歩きも安心です。

ドンキホーテ周辺は、深夜までお店が開いていることから、人が集まって騒いでいることもあるので、女性1人で深夜にウロウロすることはやめるなど、防犯意識を高めることが大切です。

また、中野区で起こった犯罪を見てみると、凶悪な犯罪は少ないものの、自転車泥棒が多いのが目立ちます。

自転車のロックは必ず二重にすることや、自転車は部屋まで持ち帰るなどして、外に放置しないようにしましょう。

2-3. 中野区で住みやすい街

中野区は、全体的にきれいに整備されているので、清潔感がある街です。

中野区の住宅街エリアは、中野駅北東に位置する中野5丁目、早稲田通りを越えた先にある新井地区、中野駅右側の中央地区あたりになります。

中野区は、駅近辺に大規模な商店街があるため、生活に必要な買い物をするには、駅の周辺に行けば全てのものが揃っていると言われるほど、買い物には不自由しません。

また、駅のすぐそばには「四季の森公園」があり、多くの人がリフレッシュしています。

さらに大規模な図書館もあり、若い人からお年寄りまで多くの年齢層の人たちが利用しています。

・1人暮らしにおすすめのエリア

中野区で1人暮らしをするなら、新井地区がおすすめです。

新井地区は治安も良く、昔から閑静な住宅街として住みやすいところです。

またこのエリアは、西武新宿線を利用する場合、沼袋と新井薬師前のどちらの駅も利用可能な距離にあるため、通勤や通学にも便利です。

・2人暮らし、同棲・新婚におすすめのエリア

中野区で、同棲や新婚カップルが2人暮らしをする場合のおすすめのエリアは、中央5丁目です。

中野マルイもある中央5丁目は、閑静な住宅街で買い物にも便利です。

いずれ家族が増えることを想定したカップルには、子育てのことを考えて物件を選ぶ人も多いでしょう。

3DKの物件の多くは、ファミリー層からの支持があります。

中野区の3DKの物件は、築年数が経っていますが、その分家賃もかなり安くなっています。

同棲カップルや新婚カップルは、中野区で3DKの安いアパートを探せたら、生活費をかなり節約できますよ。

3. 中野区で3DK賃貸を探す方法まとめ

以上、東京の中野区で、3DK賃貸マンションやアパートを探す方法と、中野区の住みやすさ、気になる治安について詳しくご説明しました。

昔から「中野に住みたい!」と思う人が多かったように、今でも中野区は「住みたい街No.1」になるほど人気の街です。

家賃の安さや交通アクセスの良さ、住環境などが整っていることから、年々人口も増えています。

女性の1人暮らしにもおすすめの中野区は、2人暮らしやファミリー層にも人気の街です。

家賃の安さ、住環境、利便性を考えてみると、中野区はとてもおすすめのエリアだと言えますね。

おすすめの記事