墨田区は東京の中にありながら、どこか下町らしさが残る街です。

ここ数年は東京スカイツリーによって賑わっていますが、実は墨田区の魅力はスカイツリーだけではありません。

相撲の聖地である両国、東京の東側最大の繁華街の錦糸町なと、見どころ満載です。

こちらの記事では、墨田区で2LDK賃貸物件を探す方法をご紹介します。

1. 2LDKの賃貸物件の家賃相場【墨田区編】

物件によってまちまちですが、大体の相場は14~15万円ほどになります。

都内ではそれほど高くない方ですね。

そのため、若い世代からも人気を集めています。

ちなみに、物価も低めです。

2. 墨田区で最適な2LDKの部屋を見つけるためのポイント

ここからは、最適な物件を見つけるためのポイントをご紹介します。

2-1. 墨田区の住みやすさ

墨田区の住みやすさは、エリアごとに大きく異なります。

墨田区といえばやはり、スカイツリーが有名ですよね。

墨田区は基本、どこからでもスカイツリーを見ることができます。

また特徴として、のんびりしていて住みやすいエリアと、居酒屋などが多く少し騒がしいエリアと、完全に観光地化したエリアにはっきり分かれているのも、墨田区らしいところです。

全体的に治安は良くない、というイメージがあるかと思いますが、特に錦糸町界隈などは、女性の一人歩きは注意した方がよさそうですね。

・交通アクセス

交通アクセスは、非常に良い方です。

墨田区は、台東区や中央区と隣接しているため、上野駅や東京駅まですぐに行くことができます。

押上駅から出発して、上野駅まで約15分、そして東京駅まで約20分で着きます。

そのあたりによく遊びに行く人や、会社がその方面にある人にとってはかなり助かりますね。

また、先程治安があまり良くないということで紹介した錦糸町駅も、交通アクセス面はかなり良好です。

JR総武線、東京メトロ半蔵門線が通っているため、都心部に行くのはもちろん、千葉方面へよく行くという方にもぜひおすすめしたいスポットです。

・買い物(スーパー)、ショッピング

墨田区はエリアにもよりますが、買い物には比較的便利な街と言えるでしょう。

錦糸町駅のまわりには大型のショッピングセンターがあり、マルイやアルカキット、オリナスなどが並んでいます。

また墨田区の中央に位置する押上駅周辺にも、スカイツリーモールの中に商店が入っており、様々な商品を展開しています。

その他日常的なお買い物としては、駅の近くにスーパーのライフがあります。

さらに墨田区は、浅草や秋葉原へもすぐに行くことができます。

いざとなったら電車に乗れば、必要な買い物はすぐにできますよ。

2-2. 墨田区の治安情報

墨田区の治安事情は、エリアごとに異なります。

昔ながらの下町というイメージだからなのか、やはり墨田区には「あまり治安が良くない」というイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。

特に治安が気になる街として名前がよく挙げられるのは、やはり錦糸町です。

風俗街や場外馬券場があったりと、騒がしいエリアもあります。

さらに、アジア系の外国人が多く住んでいる地域でもあります。

しかし、墨田区の治安は年々良くなってきています。

再開発が進むにつれて、住民も若いビジネスマンやファミリー層が増えてきました。

確かに、錦糸町の南口あたりや押上の一部などは、いまだに昔の下町らしい雰囲気を残してはいますが、それでも幅広い世代にとって住みやすくなってきているのです。

さらに、静かで落ち着いたエリアも増えてきました。

お相撲さんで有名な両国や、錦糸町の中でも北口のエリア、さらに曳舟、東向島などには、安心して住むことができそうです。

しかし、治安が悪いエリアもあるため、そのあたりにはくれぐれも注意が必要です。

引越し先を決める前に、必ず物件周辺の治安状況を確認することをおすすめします。

特に、観光地化している押上駅あたりや、繁華街として親しまれている錦糸町駅周辺ではやはり注意が必要です。

2-3. 墨田区で住みやすい街

・1人暮らしにおすすめのエリア

まず1人暮らしにおすすめのエリアとしては、本所吾妻橋が挙げられます。

こちらは観光地に非常に近く、スカイツリーまで歩いて9分、そして雷門までも16分で着くことができるという立地の良さです。

とは言っても、本所吾妻橋は観光地の周りとは打って変わった雰囲気であり、静かで住みやすい住宅街が広がっています。

少し離れるだけで、だいぶ雰囲気が変わりますね。

強いて言えば、お買い物が少し不便かもしれません。

スーパーがないため、日常のお買い物として食料品や日用品を買うときは、押上のスーパー、ライフに行くことになります。

とは言ってもソラマチがあるので、遊びに行ったり、ショッピングには困りません。

お店ももちろん充実しており、ユニクロやロフトなどの人気店や、三省堂書店、ユナイテッドアローズなどがあります。

また美味しい飲食店が多いのも魅力のひとつですね。

浅草のお蕎麦屋さんや天ぷら屋さんなどが有名です。

そして、このあたりは東京23区の中でも比較的家賃が低めです。

さらに1人暮らしに向いているエリアといえば、業平があげられます。

業平の一番の利点といえば、その交通アクセスの良さが挙げられます。

押上駅に近いため、渋谷に行くにも成田空港や羽田空港に行くのにも便利ですよ。

そして交通アクセス良好な錦糸町駅にも、都営バス1本で行くことができます。

お買い物に行きたい時などに良いですね。

また治安が比較的に良いことも、1人暮らしに向いている理由の1つになります。

エリア全体に静かな場所が多く、風俗店やパチンコ店など、夜遅くまで営業している店もありません。

うるさい騒音やキャッチ、呼び込みなどとも無縁なのは嬉しいですね。

さらにマイバスケットが徒歩圏内に2店あるため、日常のお買い物も便利です。

さらにスカイツリーの横にはライフもあります。

・2人暮らし、同棲・新婚におすすめのエリア

墨田区両国は、2人暮らしにおすすめのエリアとなっています。

お相撲さんで有名な街であり、歩いているとたくさんのお相撲さんを見かけます。

観光地化したイメージがありますが、実は治安が良く、住みやすいエリアなのです。

両国は隅田川のすぐ近くにあり、散歩やジョギングをするのに非常に便利な街です。

ただ、大型スーパーなどが近くにないのが難点です。

観光地ということで、おいしい飲食店などはたくさんあるのですが...

自炊派の人にとっては、物足りないかもしれません。

そして、日用品の買い物にも困りますね。

しかしその分、おいしい和風グルメをたくさん食べることができますよ。

お相撲さんの街ということで、ちゃんこ屋さんがたくさんあるのも特徴的ですね。

もしも「どうしてもスーパーに行きたい!」という場合は、電車に乗って3分で錦糸町に着くため、そちらでするのが良いですね。

観光地化といっても、都会すぎず落ち着いた雰囲気が流れています。

家賃が高めなことも影響していますね。

主要駅である両国駅から、新宿までは23分、渋谷は32分、池袋は28分で行くことができます。

ちなみに両国駅の北側には、両国国技館があります。

さらにその先には、横綱町公園もあるため、散歩やジョギングにもぴったりですね。

3. 墨田区で2LDK賃貸を探す方法まとめ

以上、墨田区で2LDK賃貸を探す方法と注意点をご紹介しました。

昔ながらの下町というイメージが強い墨田区ですが、最近はスカイツリーもできたことにより発展していることがわかりましたね。

色々な条件を考えながら、ご自分に合った物件を探してみてくださいね。

おすすめの記事