2LDK賃貸(マンション・アパート)の探し方【東京・北区編】

埼玉県に面しており、何となく影の薄い扱いをされがちな北区ですが、近年はドラマやバラエティー番組で扱われたことをきっかけに、北区の持つディープな魅力を求めて、若い世代が移り住むケースが増えています。

利便性の良さに加え、地味さがありつつもディープな北区で、2LDKの賃貸物件を探す際に、ポイントとなる点をご紹介していきます。

1. 2LDKの賃貸マンション・アパートの家賃相場【東京・北区編】

北区は王子地区、赤羽地区、巣鴨周辺の滝野川地区の3地区に分かれています。

それぞれの地区ごとに、家賃の相場をみていきましょう。

まず王子地区ですが、7~22万円程度までの物件が出ています。

20万円を超す物件は数が少なく、10万円台で住むことができる物件が多くを占めています。

特に15万円前後の物件が多数あり、選択肢が多い傾向にあります。

次に赤羽地区ですが、こちらは6~21万円程度の物件が見受けられます。

物件の約半数以上が15万円以下となっており、王子地区に比べて家賃相場は低くなっています。

最後に滝野川地区ですが、こちらは10~20万円程度の物件までが出ています。

15~18万円くらいの物件が数も多くなっていますが、王子地区や赤羽地区に比べて、物件数が少ない傾向にあります。

2. 北区で最適な2LDKのお部屋を見つけるためのポイント

北区は、人口や広さが23区の中でも真ん中あたりと、あまり目立った特徴がなく、実はどこにあるかわからない東京23区ランキングという、不名誉なランキングで1位を獲得したこともあります。

しかし、都内や郊外へのアクセスなど利便性が良く、さらには近年注目されている赤羽をはじめ、魅力にあふれる街がたくさんある区でもあるのです。

そんな北区で、最適な2LDKのお部屋を見つける際に、重要となるポイントをまとめたので、参考にしてみてください。

2-1. 北区の住みやすさ

住みやすさについては、地区ごとにばらつきがあります。

それぞれのエリアごとに情報を整理していきましょう。

・交通アクセス

王子地区の中心となる王子駅には、JR京浜東北線、東京メトロ南北線、都電荒川線が通っています。

東京までは約15分、新宿までは約23分でアクセスでき、都心部への交通の便も良い地域です。

また電車以外にも複数の路線バスが発着しており、区内の移動だけでなく、区外の池袋や駒込までもバスで移動ができます。

さらに、区のコミュニティバスの運行もあり、路線バスが走っていない地域では、区内の移動を助けてくれています。

王子地区には、JR京浜東北線の東十条駅、JR埼京線の十条駅、東京メトロ南北線の王子神谷駅などもあり、王子駅以外でも利便性が高くなっています。

次に赤羽地区の中心となる赤羽駅ですが、赤羽駅にはJR京浜東北・根岸線、埼京線、高崎線、湘南新宿ライン、東北本線が乗り入れています。

東京や池袋、新宿、渋谷などへのアクセスも良く、乗り換えなしで移動可能です。

さらには湘南新宿ラインを利用すれば、乗り換えなしで横浜駅まで最短45分程度で行くこともでき、東京都北部の交通の要所として区民や都民だけでなく、埼玉県民の移動にも役立っています。

また、赤羽駅から徒歩10分弱のところに東京メトロ南北線の赤羽岩淵駅があり、こちらを利用すれば永田町や六本木、目黒などへもアクセスできます。

赤羽駅の他には、JR埼京線の北赤羽駅、浮間舟渡駅も赤羽地区にある他、赤羽駅を中心に多くのバスが運行されていて、区内だけでなく電車での移動に時間がかかる区外の駅や、大きな病院などへの移動を助けてくれています。

最後に滝野川地区ですが、こちらは都営三田線の新板橋駅と西巣鴨駅に近いエリアと、JR王子駅に近いエリア、JR山手線の田端駅に近いエリアと、住む場所によって利用しやすい路線が変わってきます。

都営三田線が利用できる新板橋駅や西巣鴨駅からは、大手町や日比谷などを経由し目黒まで行くことができます。

北区の中で、JR山手線の利用ができるのは滝野川地区のみとなるため、勤務先によっては滝野川地区に住むことが、北区内で最も利便性が良くなる場合もあります。

・お買い物(スーパー)、ショッピング

お買い物については、スーパーは各地区に複数あり、食料品や日用品の買い物に困ることはないでしょう。

赤羽地区や滝野川地区には激安スーパーも複数あり、食費節約の手助けをしてくれます。

衣料品などは、一部ブランド品は都心まで行かなければ手に入りませんが、ユニクロが2店舗あり、その他大衆ブランドの店舗が数店舗ですが区内に出店しています。

家電量販店も区内に3店舗あるなど、日常的なお買い物に関しては困ることがない環境となっています。

2-2. 北区の治安情報

北区の人口などは23区の中間とご紹介しましたが、犯罪発生率などから見る治安の良さについても、23区の中間程度と、とりわけ良くもなく悪くもない、といった状況と言えます。

治安情報については北区内でも差があり、赤羽駅周辺は繁華街があり、中には居酒屋も多く風俗店も複数あるなど、北区の中でもやや治安が悪い地域とされています。

また王子地区の浮間や神谷周辺も、自転車盗難が多く発生している地域です。

北区内のどの地域においても、治安がひどく悪いエリアではないものの、盗難や空き巣などが発生しているため、戸締りや夜間の女性の1人歩きなどは警戒するようにしましょう。

2-3. 北区で住みやすい街

北区にある王子地区、赤羽地区、滝野川地区それぞれに特徴がありますが、1人暮らしや2人暮らし、同棲・新婚におすすめしたいエリアをご紹介していきます。

・1人暮らしにおすすめのエリア

1人暮らしには、滝野川地区の田端駅周辺がおすすめです。

北区の中でも、田端駅周辺は治安が良いエリアとされており、女性の1人暮らしでも安心です。

山手線沿線の中でも家賃相場が安いにもかかわらず、駅の中には商業施設のアトレなどが入っているので、お買い物にも便利な環境です。

駅から少し離れてはいますが、複数のスーパーが出店しているので、食料品や日用品の買い物にも困ることはないでしょう。

駅前は開発により整然とし、繁華街ほどの賑わいはないものの、落ち着いた雰囲気の街並みとなっています。

このあたりは、利便性の良さと治安の良さ、家賃の割安感など、1人暮らしをする上で好条件のエリアになっていますが、夜間の住宅街はやや人通りが少なくなるため、その点だけは注意をするようにしましょう。

・2人暮らし、同棲・新婚におすすめのエリア

2人暮らしや同棲・新婚カップルには、赤羽地区をおすすめします。

このエリアは、利便性の良さはもちろんのことですが、近年はメディアで扱われることも多く、人気も集めるなど、魅力が再認識されています。

注目されているポイントのひとつが、駅周辺にある商店街にあります。

赤羽駅周辺には、赤羽一番街商店街と赤羽スズラン通り商店街の2つの商店街があり、ディープな魅力を放っていると話題になっています。

最近ではそんなディープさを味わうために、休日も人で賑わうほどの盛り上がりを見せており、知れば知るほどはまるという赤羽をカップルで巡ってみるなど、他の地区とは違った楽しみ方ができる点も魅力です。

このような楽しみ方だけでなく、駅前にある大手スーパーの他に激安スーパーなども複数あり、食料品や日用品の買い物にも便利な環境が備わっている点も、人気の秘密ではないでしょうか。

3. 北区で2LDK賃貸を探す方法まとめ

北区は都内ではあるものの、都心部のような華やかさとは違った下町の賑わいを感じられる街となっています。

利便性の良さに対して家賃相場も安く、23区内でも穴場的な場所と言えるかもしれません。

どの地区においても交通の便が良いため、都内に出る際だけでなく、埼玉県方面に出るにも、とても便利な環境となっています。

オンの日もオフの日も過ごしやすい環境がある北区の魅力を、あなたも発見してみてください。