2LDK賃貸(マンション・アパート)の探し方【葛飾区編】

「こち亀」や「金八先生」など、メディアへの登場でも一躍有名になった葛飾区。

東京23区でも圧倒的な家賃の安さを誇る葛飾区ですが、一体どのような街なのでしょうか?

今回は葛飾区と、そこでの2LDKで1~2人暮らしというシチュエーションに焦点を当てて、家賃相場や地域の状況などをお伝えしようと思います!

1. 2LDKの賃貸マンション・アパートの家賃相場【葛飾区編】

東京23区でも1、2位を争う激安アパートの立ち並ぶ葛飾区。

古くから工場で働く人々や出稼ぎの人々、そして根強い地元っ子たちが中心としてこの町で暮らしてきました。

でも、安いと一言で言っても正直一体いくらくらいなのか想像がつきにくいところですよね・・・。

東京23区ですから、実際は高いんじゃないの?と疑ってしまうのが常です。

そこで今回は、一人暮らしから同棲カップル・新婚さんに最も人気のある間取りの1つである「2LDK」に的を絞ってその家賃相場を調べてみました。

葛飾区に2LDKの賃貸マンションを借りた時のおおよその家賃価格帯は、

新築~築5年 12万円前後

築5年~ 10万円前後

です。

例えば、千代田区の2LDK家賃相場がおおよそ20~30万円前後なのに対し、葛飾区はその約半分の価格帯ということで、その破格っぷりを実感していただけるかと思います。

ちなみに葛飾区住民の平均年収は340万円前後を動いておりますので、シンプルに計算して毎月の手取りが20~25万円ある方にとって丁度良い家賃となるのではないかと思われます。

2. 葛飾区で最適な2LDKの部屋を見つけるためのポイント

さて、葛飾区の2LDKの安さを知っていただいたところで、今度は葛飾区でそれぞれのシチュエーションやお好みに合った住み良い2LDKを探すポイントをご紹介したいと思います。

2-1. 葛飾区の住みやすさ

葛飾区に住む魅力は、何も家賃の安さだけではありません。

都内の他の区に比べ都心からの距離は多少離れているかもしれませんが、それでもその地域のつくりからみて取れるように、葛飾区は十分に住みやすい町なのです。

・交通アクセス

まず交通アクセスについてですが、葛飾区の生命線となっているのは主に「JR総武・常磐線」「京成電鉄本線」の2線です。

前者のJR総武線と常磐線は言わずと知れたJR東日本の運営する路線で、それぞれ都心から福島県まで、神奈川から千葉までを結んでいます。

後者の京成電鉄は上野やスカイツリーのある押上に始まり、千葉を通って成田空港までを結ぶローカル線です。

葛飾区はこれら2つの線路に挟まれるような形で、北へ南へ、西へ東へそのラインが繋がっていくのです。

その他の交通手段としては、都営バスの主に金町-浅草を結ぶライン、京成バスや京成タウンバスが挙げられ、上記の電鉄2駅の間を縫うように運行しています。

・買い物(スーパー)、ショッピング

葛飾区にあるお買い物の殿堂・ショッピングモールは何と言っても「アリオ亀有」。

区域の北部に位置する亀有には多くのスーパー・量販店が存在していますが、その中でも群を抜いて規模の大きいショッピングセンターです。

この「アリオ亀有」の中にはイトーヨーカドーやニトリを始め、全国規模の店舗が内在しており、ここに行けば全て揃うと言ってもいい程地域の中核を担っているのです。

アリオ亀岡に次いで買い物がしやすいのは「新小岩」。

駅としても亀有駅に次いでよく使われる新小岩には、「ルミエール」商店街という大きな商店街が存在します。

スーパーマーケットはもちろん、その他大小の量販店やチェーン店、全国区の飲食店や大衆酒場が軒を連ねており、前者のアリオ亀岡とはまた違った形でショッピングを楽しむことができます。

2-2. 葛飾区の治安情報

葛飾区は総じて家賃が安いこと、漠然と「下町」というイメージから、なんとなく治安が悪いのではないかという印象を持たれる方も正直いらっしゃるかもしれません。

しかし、今や葛飾=下町というのは古いイメージとなっています。

近年葛飾区は住宅を中心にかなり整備がすすんでおり、昔ながらの古いアパートを押しのけ新築物件が立ち並んでいるような状態なのです。

それに伴いショッピングモールや商店街など人々の集う場も進化を遂げ、犯罪発生件数は減少傾向にあります。

一時期は23区中で上から数えた方が早かった犯罪発生率も、現在では中庸な位置を保っており、とても安全な地域とは言えないまでも、まずまず安心して暮らせる街になっています。

2-3. 葛飾区で住みやすい街

ここまで葛飾区について、家賃相場や地域の中心情報についてお話致しましたが、それでは「住む」となれば一体どのエリアが最も適切なのでしょうか?

交通アクセスや治安、周辺の状態などいくつかの観点を加味しながら、2LDKを利用する中心層である「1人暮らし」「2人暮らし・同棲・新婚」という2種の枠に分けて選んでみましたのでぜひ参考にしてみてください!

・一人暮らしにおすすめのエリア

葛飾区での一人暮らしでオススメのエリアは以下の通りです。

「お花茶屋駅周辺」

昔は暴行・窃盗など多数の事件が起きており、治安の悪さで有名な地域でした。

しかしそれと同時に近年、地元住民の人々を中心に地域社会が一体となって警戒しまちづくりに及んだ結果、見違えるように町のありようが改善されたことで有名となった地域でもあります。

ここお花茶屋には、駅を中心としてスーパーマーケットや飲み屋さんなどリーズナブルな価格で利用できる様々な店が軒を連ねており、上京したばかり・就職や自炊を始めたばかりの一人暮らしにはとてもありがたい町です。

もし勉強や仕事で息が詰まっても、お花茶屋は草木の緑も多く心安らぐ空間であり、少し散歩やジョギングすれば気分はあっという間に良くなることでしょう。

「亀有」

漫画「こち亀」でもおなじみの葛飾区亀有です。

イトーヨーカドー、ニトリなど大型量販店を抱えた前述の「アリオ亀有」、その他家電の「ノジマ」や大小飲食店が集った便利な亀有ですが、完全に都会化しているわけではなく、昔ながらの商店や呑み屋さんなど下町風情もあって両者がハイブリットしている街というのが最も近いでしょう。

もし亀有に住むのなら、商店の多い「北側」をお勧めします!

「堀切」

他の2地域に対し下町感が色濃く残る地域です。

河川敷の土手はドラマ「金八先生」で使用されたことで有名ですね。

お花茶屋と同じく治安が悪いと噂されていた時期もありましたが現在はそんなことはなく、昼間も夜も閑静で穏やかな住宅地として人気を集めています。

亀有などの中心部とは少し離れているものの車で30分ほどで着きますし、また交通の便は決して悪くなく、上野や浅草・御徒町、スカイツリーのような場所まですぐに到着できる便利な地域です。

・二人暮らし、同棲・新婚におすすめのエリア

前項の一人暮らし向きの地域に対し、こちらの項では2人暮らしやファミリー向けの地域をご紹介してまいります。

「新小岩」

都心までのアクセスも便利なJR沿線の街です。

前述したように大きな商店街もあって交通アクセス・生活面ともに高評価で、一度は住んでみたい街として有名ですね。

繁華街ということもあってもちろん良い側面ばかりではありませんが、基本的には大変住み良い街です。

商店が多いので安いお値段でたくさん飲み食いできるお店が多い他、スーパーなどの総合的なお店から専門店まで揃っており、カラオケなど遊ぶ場所もたくさんあるので飽きることはまずないでしょう。

また駅前には徒歩圏内で病院・学校などの施設も充実しており、少しの移動ですぐに欲しいところに手がとどくような印象です。

「金町」

家賃の安さに定評のある葛飾区の中でも、特に安い地域がこの金町です。家賃の相場としては8万円前後という驚きの条件。

安く住めるからといって決して不便なわけではなく、東急ストアやイトーヨーカドーなどのスーパーが徒歩圏内に点在しているほか、安くて美味しい飲食店が多く、また病院などのライフラインも整っており家族暮らしの多い地域です。

いざ住んでみると昼はにぎやか、夜は静かでとてもメリハリのある街です。

夏には有名な花火大会も開かれ、家によってはベランダから見ることもできるそう。

3. 葛飾区で2LDK賃貸を探す方法まとめ

いかがでしたでしょうか?

葛飾区で2LDKを借りるにあたって、相場や地域ごとの様子を中心にご紹介してまいりました。

「下町」という印象のいまだ強い葛飾ですが便利な施設はしっかりとあり、かつ昔ながらの風情ある街並みが残る、そんな素敵で住み良い街であることがお分かりいただけたかと思います。

そんな側面もあって、駅の北と南でずいぶん雰囲気の違う地域ばかりですので、エリアの選択だけでなく実際に行って、見て歩いてみることをお勧め致します。

葛飾の地で素敵な2LDKを手に入れ、充実した生活が送れるよう、今回の内容を参考にぜひ検討してみてください!