2DK賃貸(マンション・アパート)の探し方【八王子編】

人がたくさん集まる東京での生活は、コストや治安など気にすることがたくさん…。

そんな中でも、たまにその名を聞く「八王子」って一体どんな街なのでしょうか?

今回は東京・八王子市に2DKのお部屋を借りて生活することを想定し、街の様子やオススメエリア、ポイントをご紹介したいと思います!

1. 2DKの賃貸マンション・アパートの家賃相場【八王子編】

いざ憧れの東京で住もうと決めたものの、一体どの辺りに住めば良いのか分からないという方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?

家賃はそこまで出したくないけど、都心に近くて生活に不自由しない場所。

特に上京したての方や学生さん、同棲を考えるカップルなら誰もが思う理想ですね。

そんな方にお勧めしたいエリアが、実は今回ご紹介する「八王子」エリアなのです!

お金がかからなくて便利、そんな場所が東京にあるの?とお思いかもしれませんが、ここ八王子ではそれが可能になるかもしれないのです。

まず驚くべきはその家賃の安さ!

23区内では叶わないような破格の物件が点在する八王子では、物価も安く、家賃も安く、そこそこ便利という生活を送ることができます。

ここでは一人暮らしや同棲カップルに人気のある2DK(食事・お料理をするダイニングキッチン+個室2つという間取り)を基準として、まず家賃相場をご紹介いたします。

八王子で2DKの部屋を借りる場合のお家賃相場は、およそ7万円前後。

これからご紹介するような住みやすさでこのお値段は、正直どこを探してもなかなかありません。

2. 八王子で最適な2DKの部屋を見つけるためのポイント

では八王子で2DKに住むことを検討する際、どのようなポイントに注目すべきなのでしょうか。

以下、項目ごとにそのポイントをまとめてみましたので、参考にしてみてくださいね。

2-1. 八王子の住みやすさ

八王子市の場所は東京の西の端、神奈川県へ行く手前の辺りです。

東京都と言っても印象としては都心からずいぶんと離れているように感じますので、交通の便や生活面での不安は当然あるかと思われます。

そんな不安を払拭するため、八王子の交通アクセスや地域の実態を見ていきましょう!

・交通アクセス

八王子での交通の要としては、「JR中央本線」「JR横浜線」「京王線」の3線が乗り入れています。

お車では八王子バイパスや国道、中央自動車道などが主要道路です。

北部へのアクセスは京王線や中央自動車道、中心部へはJR中央本線、南部へはJR横浜線や国道を使うことになります。

主な都市からのアクセスとしては、横浜・新宿を基準にしますと快速電車で約50分、お車で1時間前後を見ておきましょう。

いずれの場合も乗り換えや複雑なルート変更は必要なく、多くのエリアに電車一本・道路一本で訪れることができます。

市外を視野に入れたアクセスは以上の通りで、あとは市内に張り巡らされた幹線道路や、運行数が多く便利なバスを使って移動することになります。

・買い物(スーパー)、ショッピング

八王子での主なお買い物の拠点となるのは以下の4つの施設です。

「三井アウトレットパーク」「八王子東急スクエア周辺」「セレオ八王子」「京王八王子ショッピングセンター」

「三井アウトレットパーク 多摩南大沢」は京王線南大沢駅が最寄りで、多彩なお店があるにもかかわらずサッパリとした景観と歩き回りやすいコンパクトさが売り。

休日のちょっとした時間に訪れて買い物やお茶を楽しむことができます。

「八王子東急スクエア周辺」は、JR八王子駅の北口から駅直結の複合型ショッピングモールです。

しまむらやヴィレッジヴァンガード、スタバやサイゼリア、ディズニーストアまで多種多様なお店が揃っており、広々とした店内を悠々と回ることができます。

すぐ近くにはドンキホーテや、業務スーパーのような趣向のスーパーマーケットもあります。

「セレオ八王子」は同じくJR八王子駅すぐのショッピングモールで、ユニクロやロフト、マツモトキヨシや大小の飲食店が入っており大変充実しています。

成城石井などのちょっと高級志向なスーパーもありますので、休日に贅沢したい方にも、うってつけの施設ですね。

「京王八王子ショッピングセンター」は京王八王子駅からすぐのショッピングセンターで、敷地はそれほど広くありませんが、ここに来ると一通り何でも揃うという八王子民の台所です。

衣料品なども階上に売り場がありますが、台所と言うだけあって地下の食料品売り場が最も人気が高く、食材・お惣菜、お弁当からパン屋さんまで、バラエティ豊富な店構えで訪問者を飽きさせることがありません。

2-2. 八王子の治安情報

家賃が安い地域となると必ず気になってしまうのが、そのエリアの治安。

八王子の場合は、まず犯罪発生数はそれほど多くなく犯罪発生率も東京都内で中庸以下を保っています。

ただ注意したいのは、八王子駅北側などの繁華街や、駅から離れた地点での安全です。

繁華街には人が多く賑やかな代わりに犯罪のタネが多く潜みますし、反対に駅から離れると八王子の場合は一気に人通りが少なくなり、夜も薄暗い道が多くなっています。

特に女性の一人暮らしの場合はこれらの点に気を配り、駅周辺に住むならば南側の住宅地で、夜道でも人通りがある程度あって明るい道沿いのエリアを選ぶと良いでしょう。

2-3. 八王子で住みやすい街

ここまで主に八王子の中心となる場所についてお話ししてまいりましたが、続いて実際に八王子市に住むとなった場合、どんなエリアが住居として適しているのか見ていきましょう!

1人暮らし・2人暮らしとシチュエーション別に分けてみましたので、ぜひこちらもご参考になさってくださいね。

・一人暮らしにおすすめのエリア

「八王子駅近辺」

前半でもたくさん紹介してまいりましたが、JR八王子駅周辺にはたくさんの商業施設があるので、たとえ都心でなくてもとても充実した生活を送ることができます。

多くの商業施設はもちろんですが安い飲み屋も多く存在する激戦区であるため、仕事帰りの一杯のクオリティにはかなり期待できます。

賑やかな雰囲気の中、一人暮らしで寂しいということもなく、飲み友達を作って1週間をエンジョイしてみるのはいかがですか?

生活の面で考えると治安・生活両方の観点から、犯罪発生率が圧倒的に低い駅南側で、なおかつ駅からそこまで離れていないエリアを選ぶと良いでしょう。

「京王堀之内近辺」

ホームセンターやビデオショップ、大型スーパーなど一人暮らしに嬉しい施設が充実しており、また深夜まで営業している店が大変多いです。

飲み屋を中心に数多くの飲食店が軒を連ねていることでも一定の評価を集めており、飲んだその足で帰路につきたいという方にとってもオススメ!

飲み会をしてすぐ帰宅というのは、平日・休日に関わらずとっても素敵ですね。

・二人暮らし、同棲・新婚におすすめのエリア

「南大沢」

八王子市の南部に位置する南大沢近辺には、多摩美術大学や首都大学東京をはじめとする数多くの学校が密集しており、それに伴いちょっとしたスーパーや図書館、病院など生活に必要な施設が幅広く存在しており便利で安心です。

パン屋さんやレストランなど安くて美味しい飲食店もたくさん並んでいます。

また駅前には前述の三井アウトレットパークもありどんな買い物もそこで済ますことができますし、近くには大きな自然公園が一定間隔に設置されていますので週末の過ごし方も多種多様。

家の近辺でゆっくり、ちょっと都心まで、どのような選択肢も選ぶことが可能です。

「西八王子」

郊外という扱いで中心街から少し離れた場所に位置する西八王子ですが、その分生活環境もガラッと変わることになり、のんびりと落ち着いた雰囲気が特徴の街です。

緑が多く心安らぐものがあり、商業施設はそれほど多くありませんがスーパーやコンビニなどの必要な店はもちろん揃っていますので基本的に不自由することはありません。

閑静な住宅街に混じって評判の良いクリニック・医院も点在していますので、将来家庭を持つ2人にとっても安心ですね。

夜も静かで、穏やかな環境で家族みんなが心身を休めることができます。

3. 八王子で2DK賃貸を探す方法まとめ

いかがでしたでしょうか?

東京のオススメ居住スポットの一つ・八王子について、中心街から快適な居住エリアまで簡単にご紹介してまいりました。

ただでさえ物価の高い東京ですから、学生さんもカップルも家賃はできるだけ抑えて他のコストに資金を回したいところ。

今回お話ししたような内容を加味しつつ、ご自身のライフスタイルを想定して明確なイメージを持ち、慎重にお部屋探しを行なっていきましょう。

ぜひ八王子の街で、明るい未来に向けた生活の第一歩を手にしてくださいね!