1LDK賃貸(マンション・アパート)の探し方【目黒区編】

オシャレな目黒区はキャリアウーマンにとって憧れの街。

街全体にインテリジェンスな雰囲気がありますので、街を歩いている人を見ても大人の余裕があります。

そんな目黒区は、プライベート空間にもゆとりが欲しい人に人気があります。

なかでも1人暮らしだけでなく2人暮らしもできる1LDKは、ワンランク上の上質な暮らしをしたい人に人気があります。

とはいえ目黒区は東京23区内でも人気が高いエリアですから、1LDKの家賃も平均より高めです。

でも家賃の高さよりも「目黒に住んでいる」というステータスの方に魅力を感じる人も多いのでは?

そこで今回は憧れの目黒区で1LDK賃貸マンション・アパートを探す前にチェックしておきたい街事情について徹底解説!

あなたのライフスタイルにピッタリのお部屋を見つけるためのヒントをわかりやすく紹介していきます。

1. 1LDKの賃貸マンション・アパートの家賃相場【目黒区編】

1-1. 参考にしたい!ゆとりある1人暮らし用間取りの目黒区家賃相場

1LDKの家賃相場を見る前に、ゆとりのある1人暮らし用におすすめの間取りの豊島区・家賃相場をチェックしてみましょう。

間取り マンション家賃相場 アパート家賃相場
1DK 12.34万円 10.54万円
1LDK 18.92万円 13.57万円
2K 11.20万円 12.57万円

1-2. 1LDKの目黒区・築年数別マンション・アパート家賃相場

築年数 マンション家賃相場 アパート家賃相場
新築 19.79万円 14.44万円
築5年未満 19.64万円 14.29万円
築10年未満 19.15万円 13.80万円
築20年未満 18.24万円 12.89万円
築30年未満 17.60万円 12.25万円

1-3. 1LDKの目黒区・専有面積別新築マンション・アパート家賃相場

築年数 マンション家賃相場 アパート家賃相場
40~45㎡ 20.59万円 15.24万円
45~50㎡ 21.70万円 16.35万円
50~60㎡ 23.31万円 17.96万円
60~70㎡ 25.34万円 19.99万円
70~80㎡ 27.28万円 21.93万円

1-4. 1LDKの目黒区・専有面積別築10年未満マンション・アパート家賃相場

築年数 マンション家賃相場 アパート家賃相場
40~45㎡ 19.92万円 14.57万円
45~50㎡ 20.98万円 15.63万円
50~60㎡ 22.51万円 17.16万円
60~70㎡ 24.44万円 19.09万円
70~80㎡ 26.29万円 20.94万円

1-5. 1LDKの目黒区・専有面積別築20年未満マンション・アパート家賃相場

築年数 マンション家賃相場 アパート家賃相場
40~45㎡ 18.95万円 13.60万円
45~50㎡ 19.94万円 14.59万円
50~60㎡ 21.35万円 16.00万円
60~70㎡ 23.15万円 17.80万円
70~80㎡ 24.86万円 19.51万円

1-6. 1LDKの目黒区・専有面積別築30年未満マンション・アパート家賃相場

築年数 マンション家賃相場 アパート家賃相場
40~45㎡ 18.27万円 12.92万円
45~50㎡ 19.20万円 13.85万円
50~60㎡ 20.54万円 15.19万円
60~70㎡ 22.24万円 16.89万円
70~80㎡ 23.86万円 18.51万円

2. 目黒区で最適な1LDKの部屋を見つけるためのポイント

「女性の憧れの街」といわれる目黒区は、とにかく女性からの人気が高いエリアです。

「住みたい街((駅)ランキング」には目黒区内の街が常に上位にランクインしているだけに、その知名度は全国トップレベルです。

そんな目黒区の魅力はイメージだけではありません。

ここからは「住んでみたい街」「住み続けたい街」ともにトップ暮らしの目黒区の魅力と街事情をさらに詳しく解説していきます。

3. 目黒区の住みやすさ

目黒区が自分らしく輝きたい女性たちから人気があるのには「シックな大人の雰囲気がある街だから」というだけではありません。

「モチベーションを高くもつことが出来る街」でもあるからこそ人気があるのです。

「暮らし方」は「仕事」と同じです。

仕事でキャリアを積んでステップアップしていくのと同じように、暮らし方も年を重ねるにつれて少しずつ自分のスタイルを作り上げていくものなのです。

つまり「暮らし方は自分磨きの大事なステップになる」というわけです。

だからこそお部屋選びをする時に街の環境を重視するということは、内面からの美しさを求める大人の女性のお部屋探しにとって大事なポイントなのです。

そこでここからは目黒区を【碑文谷エリア】【目黒エリア】の2つに分けて、目黒区の街事情を詳しく解説していきます。

3-1. 交通アクセス【碑文谷エリア】

碑文谷エリアには、東急大井町線、東急東横線、東急目黒線があります。

東急大井町線には【自由が丘駅】【緑が丘駅】があります。

東急東横線には【自由が丘駅】【学芸大学駅】【都立大学駅】があります。東急目黒線には【洗足駅】があります。

3-2. 交通アクセス【目黒エリア】

目黒エリアには、京王井の頭線、東急東横線、東京メトロ日比谷線があります。

京王井の頭線には【駒場東大前駅】、東急東横線には【中目黒駅】【祐天寺駅】、東京メトロ日比谷線には【中目黒駅】があります。

3-3. 交通アクセス【目黒区内のバス路線】

目黒区は東京23区内で最も鉄道の駅が少ない街です。

そのため区内には路線バスが発達しているのが特徴です。

区内のバス路線の大部分は東急バスが運営しています。

そのほかにも東急トランセ、小田急バス、小田急シティバスが運営する路線があります。

自由が丘エリア周辺は「サンクスネイチャーバス」という無料巡回バスがあります。

サンクスネイチャーバスの路線は2つあり、その路線の一部は世田谷区も走っています。

3-4. 買い物(スーパー)、ショッピング【自由が丘駅編】

駅前にはおしゃれで上品なカフェやアパレルショップが多いのが特徴です。

東京23区内でもトップクラスのセレブな街なので、スーパーなども高級スーパーがメインです。

「仕事帰りに気軽に買い物に立ち寄る」という感じとはちょっと違いますが、週末のショッピングを楽しむにはおすすめの場所です。

ちなみに自由が丘駅からであれば渋谷駅まで約10分で移動できますし、目黒駅や二子玉川駅までも乗り換えなしで移動が出来ます。

3-5. 買い物(スーパー)、ショッピング【緑ヶ丘駅編】

緑が丘駅周辺は高級住宅街となっているので、オシャレで上品なカフェやショップが駅前に並んでいるのが特徴です。

自由が丘よりも静かな雰囲気の街なので、活気があるというよりは「とにかくオシャレ」というイメージです。

そのため激安スーパーなどは駅周辺にありません。

ただし自由が丘駅、目黒駅、二子玉川駅まで乗り換えなしで移動できるので、休日のショッピングにはとても便利です。

ちなみに緑が丘駅の隣の「大岡山駅」には駅前に商店街があります。

こちらの商店街では庶民派スーパーやお手頃価格の個人商店なども多いので、普段の買い物と週末のショッピングを分けて楽しむということもできます。

3-6. 買い物(スーパー)、ショッピング【学芸大学駅編】

学芸館大学駅の周辺には、大小合わせて6つの商店街があります。

商店街の中には生活雑貨のお店やドラッグストア、カフェ、レストランなどがあるので、お買い物をする場所に困ることはありません。

駅から徒歩圏内には大型スーパーもあるので、仕事帰りに買い物をする場合にも便利です。

物価としても比較的リーズナブルなエリアなので、若い人の姿も多いのが特徴です。

3-7. 買い物(スーパー)、ショッピング【洗足駅編】

洗足駅周辺には東急ストアがあります。

そのため仕事帰りにお買い物をするのであれば、ほとんどの人が東急ストアを利用しています。

もちろん商店街もありますが、洗足駅よりも大岡山駅の方が近いです。

大岡山駅周辺は学生や若い人が利用しやすい庶民派スーパーや商店街が多く集まっているので、少しでも節約したい場合は「大岡山駅周辺まで歩いて移動する」「週末にまとめて大岡山駅周辺の商店街で買い出しをする」などの工夫をするのがおすすめです。

3-8. 買い物(スーパー)、ショッピング【駒場東大前駅編】

駒場東大前駅周辺は、目黒区内では珍しく下町のような雰囲気が残っています。

駅のすぐそばに東京大学がありますので学生が多い街ですが、大型スーパーはありません。

その代り駅前にコンビニとマイバスケットがあります。

自炊をベースにしないで1人暮らしをするのであれば十分な環境ですが、自炊がメインの人や2人暮らしの場合には普段のお買い物に不便を感じるかもしれません。

3-9. 買い物(スーパー)、ショッピング【中目黒駅編】

中目黒駅周辺は大型スーパーのほかにも昔ながらの商店街があり、食品から日用雑貨、インテリアなどがすべてそろっているのが特徴です。

基本的にどのお店もオシャレで、チェーン店よりも個人経営のお店が多いです。

普段の買い物だけでなく週末のショッピングも楽しめるエリアを探しているのであれば、中目黒駅はおすすめです。

3-10. 買い物(スーパー)、ショッピング【祐天寺駅編】

祐天寺駅は、改札の目の前に東急ストアがあるので仕事帰りに買い物をしたい場合にも便利なエリアです。

ほかにも駅から徒歩圏内にもスーパーがあるので、食品や日用品の買い物に困ることはありません。

大型商業施設はありませんが、カフェやレストラン、弁当屋など飲食系のチェーン店も一通りそろっているので残業で帰りが遅くなっても心配がないところもおすすめです。

比較的若い人に人気があるエリアなので、若者向けのお店がそろっているところも特徴といえます。

4. 目黒区の治安情報

目黒区の治安は東京23区内でもかなり良いです。

ただ高級住宅街が多いですので、空き巣や強盗など窃盗系の事件は起こります。

ただし傷害や暴行など傷害系の事件発生率は低いので、女性の一人暮らしでも安心して暮らせる環境にあるといえます。

4-1. 災害に対する防災体制

将来東京湾北部を震源とする大地震が発生した場合、東京23区内は震度6前後の揺れに襲われるといわれています。

首都直下地震が発生すれば、目黒区でも甚大な被害が起こることは考えられます。

長く住み続けることを考えるのであれば、将来起こる巨大地震への対策が万全であることも大事なポイントです。

大地震が発生した場合、目黒区のような都会型住宅地では火災による被害が大きくなるといわれています。

災害時の火災対策には初期消火が一番といわれていますが、一人で暮らしているとその場でアドバイスをくれる人もいないわけですから自分で何とかしなければいけなくなります。

そう考えてみると、東京での一人暮らしに不安を感じる女性も出て来るかもしれません。

ただそうした女性の一人暮らしにも地域がしっかりとサポートしているのが目黒区なのです。

目黒区にはいざという時の不安に備えるための施設『地震の学習館』があります。

『地震の学習館』という施設名が付いているので、一見すると子供向けの教育施設のようなイメージを受けるかもしれませんがそれはちょっと違います。

『地震の学習館』の特徴は、「地震が起きた時にどのようにすれば自分一人でも身を守れるのか」ということを様々な体験メニューを通して学ぶことが出来るのです。

そのため震度体験だけでなく、部屋に煙が充満した時の避難の仕方や消火器を使って初期消火を体験するメニューなどがあります。

つまり「東京で一人暮らしをしていても安心できる地震の防災知識を、実際に体験しながら学ぶことが出来る」ということなのです。

供えだけでなく知識もあれば、1人暮らしをしていても不安はありません。

こうした防災に対する意識が高い目黒区だからこそ、「女性が安心・安全に暮らすことが出来る街」として30代、40代女性から圧倒的な人気があるのです。

5. 目黒区で住みやすい街

5-1. 一人暮らしにおすすめのエリアその①【中目黒】

車を使わなくても駅周辺で生活に必要なものがすべてそろう中目黒は、毎日忙しく残業が多い女性でも生活に不便を感じない点がおすすめポイントです。

もちろん駅周辺でも治安はよく、夜に女性が一人で歩いていても不安を感じるような場所はありません。

またオシャレなカフェやレストラン、ネイルサロンなどが多いのもおすすめポイント。

週末にわざわざ電車に乗らなくても、徒歩でお気に入りのカフェやネイルサロンに行けるというのは忙しい女性にとってはうれしいポイントです。

知名度も高いですしオシャレで大人のゆとりが感じられる街なので、住んでいることを友達に自慢したくなります。

もちろんセキュリティがしっかりとしたマンションも多いので、条件に合う物件を見つけやすいところもおすすめポイントです。

5-2. 一人暮らしにおすすめのエリアその②【洗足】

平日と週末のオン・オフをはっきりと分けたい人におすすめなのが洗足エリアです。

目黒区内では比較的物価が安いので、家賃の高さで目黒区を諦めようと考えていた人におすすめです。

洗足駅前には残業で帰りが遅くなっても買い物が出来る東急ストアがありますし、定時で早めに帰れた時には徒歩圏内にある商店街まで足を運べば庶民的な商店がたくさん並んでいるのでプチ節約もできます。

高級住宅地というイメージが強い目黒区ですが、洗足エリアは比較的学生が多い街なので飲食店も安くておいしい店が多いです。

若い人が多い街ですが治安に不安がある街ではありませんから、女性の一人暮らしにもおすすめですよ。

5-3. 二人暮らし、同棲・新婚におすすめのエリア

オシャレな2人の新生活にピッタリなのが「緑ヶ丘エリア」です。

高級住宅街ですので、駅前も落ち着いた雰囲気が広がっています。

もちろんオシャレなカフェやショップが駅周辺にありますので、週末に2人でのんびりと散歩をしながら街歩きをするのもステキです。

駅前には大型スーパーや激安ショップはありませんが、徒歩圏内には昔ながらの商店街がありこちらはかなりリーズナブルな商品が並んでいます。

大型ショッピングセンターのような品ぞろえではありませんが、日常生活に必要なものはほとんどこの商店街で揃います。

「セレブな街でゆとりのある生活をしながらも、節約するところは節約する」。

そんな自分スタイルの暮らしが楽しめるところがおすすめポイントです。

6. 目黒区で1LDK賃貸を探す方法まとめ

目黒区は女性の憧れの街といわれていますが、その理由はオシャレで知名度が高いだけでなく安心・安全に暮らすことが出来ることも人気の理由にあります。

もちろん高級住宅地というイメージが強いですが、地域によっては下町っぽさが残る場所もあります。

ですから「どんな暮らしがしたいのか」というポイントがはっきりと決まっていれば理想の1LDKに巡り合えるのが目黒区です。