1LDK賃貸(マンション・アパート)の探し方【中央区編】

中央区役所

東京23区のほぼ中央に当たるのが中央区です。

23区内では2番目に面積が小さい区なのですが、日本橋や八重洲、銀座、築地、晴海など経済・物流の拠点が集まっています。

そんな東京のど真ん中で1LDK探しをするならば、中央区ならではの特徴についてしっかりとチェックしておくのがポイントです。

家賃の相場だけでなく、住みやすさや環境、治安、交通事情などが分かれば、あこがれの中央区でも穴場の物件を探すことができます。

そこで今回は、中央区の1LDK事情を徹底調査します!

あなたのお部屋探しのヒントにしてくださいね。

1. 1LDKの賃貸マンション・アパートの家賃相場【中央区編】

1-1. 中央区の間取り別家賃相場

種類 平均家賃相場
1ルーム 12.16万円
1K 10.19万円
1DK 13.79万円
1LDK 17.53万円
2K 17.57万円
2DK 17.46万円
2LDK 24.86万円

1-2. 中央区の1LDK新築マンション・アパート家賃相場

種類 平均家賃相場
マンション 18.63万円
アパート 16.83万円

1-3. 中央区の1LDK築年数5年未満のマンション・アパート家賃相場

種類 平均家賃相場
マンション 18.44万円
アパート 16.64万円

1-4. 中央区の1LDK築年数10年未満のマンション・アパートの平均家賃相場

種類 平均家賃相場
マンション 17.83万円
アパート 15.45万円

1-5. 中央区の1LDK築年数20年未満のマンション・アパートの平均家賃相場

種類 平均家賃相場
マンション 16.69万円
アパート 14.89万円

1-6. 中央区の1LDK築年数30年未満のマンション・アパートの平均家賃相場

種類 平均家賃相場
マンション 15.90万円
アパート 14.10万円

2. 中央区で最適な1LDKの部屋を見つけるためのポイント

オフィスビルや商業施設、物流センターなどが集中する中央区は、昔から定住人口が少ないエリアといわれています。

ところが最近では、タワーマンションや公営住宅などの集合住宅がどんどん増えていることもあって、年々人口が増加傾向にあります。

ただ、戸建て住宅やアパートなどが少なく、家賃を抑えたいという人にとっては、物件探しが難しいというのも中央区の特徴です。

とはいえ、地理的に見ても東京のほぼ中央に位置するだけに、「東京のど真ん中で暮らしてみたい」という人にとっては、家賃の高さというデメリットよりも、土地のブランド力の魅力の方が強いようです。

そこで、ここからは「中央区の街事情」について詳しく解説していきましょう。

2-1. 中央区の住みやすさ

・交通アクセス【鉄道編】

中央区には、JR東日本、東京メトロ、都営地下鉄が運営する鉄道路線があります。

まずはJR東日本ですが、こちらは総武快速線と京葉線があります。

区内には、「新日本橋駅」「馬喰町駅」「八丁堀駅」があります。

東京メトロには、銀座線、日比谷線、丸ノ内線、東西線、有楽町線、半蔵門線の6路線があります。

銀座線には、「銀座駅」「京橋駅」「日本橋駅」「三越前駅」があります。

日比谷線には、「東銀座駅」「築地駅」「茅場町駅」「人形町駅」「小伝馬町駅」があります。

さらに丸ノ内線には「銀座駅」、東西線には「日本橋駅」「茅場町駅」があります。

有楽町線には、「銀座一丁目駅」「新富町駅」「月島駅」があり、半蔵門線には、「三越前駅」「水天宮前駅」があります。

次に都営地下鉄ですが、こちらは都営浅草線、都営新宿線、都営大江戸線の3路線があります。

都営浅草線には、「東銀座駅」「宝町駅」「日本橋駅」「人形町駅」「東日本橋駅」があります。

都営新宿線と都営大江戸線には、「馬喰横山駅」「浜町駅」「月島駅」「勝どき駅」「築地市場駅」があります。

・交通アクセス【バス編】

中央区内には、東京都交通局、日の丸自動車工業、日立自動車交通の3社がそれぞれ路線バスを運営しています。

中央区のコミュニティバスは「江戸バス」と呼ばれ、日立自動車交通が中央区から委託を受け運営しています。

中央区のバスといえば、「水上バス」もあります。

隅田川ライン、お台場ライン、東京水辺ラインがあり、観光客の移動手段としても多く利用されています。

・交通アクセス【道路編】

日本の交通網の起点と呼ばれている日本橋があるため、中央区内には多くの交通網が集中しています。

首都高速道路だけでも、1号上野線、6号向島線、9号深川線、C1都心環状線、10号晴海線があります。

また主な幹線道路も、「国道1号」「国道4号」「国道6号」「京葉道路(国道14号)」「中央通り(国道15号)」「国道17号」「晴海通り」「外堀通り」「昭和通り」があります。

・買い物(スーパー)、ショッピング

商業施設が集中している中央区では、ショッピングエリアもそれぞれ特徴が違います。

まず日本橋・京橋エリアには、日本橋商店街や問屋街、三越本店、銀座などがあります。

銀座には、高級ブランドショップや高級クラブなどが立ち並び、昼と夜でガラリと雰囲気が変わるところも魅力の一つです。

築地・月島エリアは、築地場外市場や月島もんじゃ街などがあり、多くの外国人観光客が訪れる場所でもあります。

普段の買い物をするのに便利なスーパーなどは、公営住宅や団地などの集合住宅の周辺にあります。

オフィスビルが多い駅だと、スーパーよりコンビニの方が多いのですが、タワーマンションなどが集中している駅前にはスーパーがあります。

・映画やドラマのロケ地としてたびたび登場する中央区

銀座や日本橋がある中央区は、映画やドラマのロケ地として度々登場しています。

特に、銀座のクラブやキャバクラがモデルとなった映画やドラマのロケ地としては、何度も登場しました。

たとえば日活映画スターの石原裕次郎さんが主演を務めた映画『銀座の恋の物語』や、小沢真珠さんが主演した映画『女帝 SUPER QUEEN』、松本清張氏の作品をドラマ化した『黒革の手帳』などは、銀座がロケ地となっています。

ほかにも長寿ドラマ『水戸黄門』では、江戸が舞台の回では度々中央区が登場しましたし、2008年に放送されたNHK連続テレビ小説『瞳』では、月島もんじゃや佃島の住吉神社などが登場しました。

バブリーなイメージのある夜の街から、江戸時代の城下町、人情味あふれる下町まで、日本の歴史とそれぞれの時代の風景をギュッと凝縮したような街...それが中央区の特徴でもあります。

2-2. 中央区の治安情報

中央区の治安は、東京23区内で見るとあまり良くありません。

警察庁が公表している2016年上半期の犯罪率を見てみると、中央区の治安の良さは23区中19位と、かなり下位にランキングされています。

中でも自転車の盗難や空き巣による被害は多く、セキュリティが万全な物件でなければ安心して暮らすことは難しいとも言えます。

ただし下町情緒があふれるエリアでは、「治安が悪いと感じたことはない」「女性一人でも安心して暮らすことができる」という口コミ情報が多いです。

2-3. 中央区で住みやすい街

・一人暮らしにおすすめのエリア

一人暮らしにおすすめしたいのは、下町情緒の残る「月島駅エリア」です。

治安が悪いといわれる中央区ですが、月島エリアに限っていえば、逆に治安の良さが特徴となっています。

女性が一人で夜、街を歩いていても声をかけられて怖い思いをすることは、ほとんどありません。

オフィスビルやタワーマンションが立ち並んでいるエリアなので、実際に一人暮らしをするのであれば、かなり収入に余裕がないと厳しいですね。

ただ、その分セキュリティが充実した物件が多いですし、街の雰囲気はどちらかというと下町情緒たっぷりののんびりした雰囲気なので、住み心地の良さを実感できます。

24時間営業のスーパーやコンビニなどもありますので、普段の買い物に困るということはあまりありません。

空港へのアクセスも便利なので、「仕事で飛行機をよく利用する」「国内旅行・海外旅行が趣味」という人にもおすすめです。

・二人暮らし、同棲・新婚におすすめのエリア

パートナーとの二人暮らしをするのであれば、「勝どき駅周辺エリア」がおすすめです。

数年前までは、どちらかというと下町風情が残る街だったのですが、豊洲市場のオープンや東京五輪開催に向けて、周辺にタワーマンションが続々と建築され始め、徐々に地価が上がっている地区です。

そうはいっても、中央区の中では比較的家賃が安い物件が集まっているので、物件探しをするのなら早めに行動するのがポイントです。

ちなみに、都心部へのアクセスもほぼ30分圏内です。

新宿であれば乗り換えなしの23分で移動できますし、池袋や渋谷であれば、乗り換えをしても約30分で移動することができます。

さらに、普段の買い物に必要なスーパーも中央区にしては数が多いのも特徴です。

特に月島エリアには、24時間営業のダイエーなどもあるので、仕事と家事を両立させたいという人にとっては力強い味方です。

3. 中央区で1LDK賃貸を探す方法まとめ

中央区は、東京23区内でも家賃、物価ともに高いエリアですが、なんといってもそこは「東京のど真ん中」という抜群の知名度があります。

都心へのアクセスが便利なうえに、日本の今をリアルに体験できる街、中央区。

東京オリンピック開催に向けて、どんどん注目が集まっているエリアですから、穴場の物件探しをしたい人は早めに最新情報をチェックしてみてくださいね。